●ヒューバート・ロウズ / ファミリー / クリンク / CD / 2,500円

FAMILY.jpg

フュージョン時代を代表するフルート奏者、ヒューバート・ロウズが80年にコロンビアから発表した人気作品遂にCD化!チック・コリア、アール・クルー、ボビー・ライル、デイヴィッド・T・ウォーカー等が参加したフュージョン~アーバン・メロウ好きには堪らないサウンド満載の必携盤!!

アルバム・タイトル曲「Family」はフリー・ソウル方面からも人気が高く、90年代にはレア・グルーヴとしても再注目されたにもかかわらず未CD化状態が続き長年CD化が熱望されてきた1枚。近年ヒューバート自身により自主盤としてCD化されたものの手にすることができたのは一部のファンのみ。それがこの度めでたく国内盤として発売が決定!!収録曲は全6曲。内4曲がヒューバートの書き下ろしである。アーバン・ジャズ・ファンクのタイトル曲が一番人気だが、それはやはりロウズ家の末娘デブラの好唱あってだろう。楽曲イメージとしては盟友クルセイダーズのを思わせ、昂揚感を盛り立てるホーンやストリングス使いはまさにそれ風。これが評判になったか、デブラはElektra/Asylumとの契約に漕ぎ着け、翌81年にヒューバートとロニーのプロデュースでデビューしている。日本では95年に大沢伸一率いるMondo Grossoがこの曲をカヴァー。U.S.ではビートナッツやカリフォルニア出身の韓国系ラッパーKero Oneらがネタ使いした。クルセイダーズっぽいのは、急逝したミニー・リパートンに捧げたにも。チック・コリアのアコースティック・ピアノ、ボビー・ライルのフェンダー・ローズ、共にジョー・サンプルに通じるリリカルな響きを持つ。隠し味的なアール・クルーの生ギターも、フルートとの相性の良さをアピールした。そういえば、すべての曲でドラムを叩くレオン・ンドゥグ・チャンクラーは、スティックス・フーパー脱退後のクルセイダーズに加入したりジョー・サンプルのソロ作に参加するなど、やはり彼らの系譜に属する人。またその分裂期に、ウェイン・ヘンダーソンが再結成したジャズ・クルセイダーズでジョーの代役を果たしたのがボビー・ライル。しかものヒットでクルセイダーズの人気も絶頂期だったから、本作にその色が漂うのは当然かもしれない。~解説より

解説:金澤寿和
帯・解説付き国内仕様盤
原盤:Wounded Bird/WOU396
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。