●松尾明 / アンド・アローン
国内CD 3,000円(税込) (AMBIVALENCE / AMCE1 / 4988044053786)




MAYAご本人によるレビューも下記ページに掲載!合わせてご覧ください。
https://diskunion.net/jazz/ct/news/article/0/88486



ジャズ&ラテンシンガーMAYA自身のレーベル「AMBIVALENCE」始動。
記念すべき第一弾は日本を代表するJAZZドラマー松尾明の集大成的な作品となる「and alone」。

松尾明渾身のドラムソロが2曲、ヴィブラフォン、トランペット、ベースとの緊迫感溢れるインタープレイによるデュオ演奏が各2曲の全8曲。

ジャズ&ラテンシンガーのMAYAです。
この度、私MAYAは自身のレーベル「AMBIVALENCE」を立ち上げました。
AMBIVALENCEは音楽とオーディオの融合をテーマに、国内外のJAZZプレイヤーやシンガーの優れた演奏を可能な限り高音質なクオリティでの録音を目指しております。
記念すべき第1弾は日本を代表するJAZZドラマー松尾明氏の集大成的な作品となる「and alone」で、松尾明渾身のドラムソロが2曲、ヴィブラフォン、トランペット、ベースとの緊迫感溢れるインタープレイによるデュオ演奏が各2曲の合計8曲の構成となっています。
録音は2インチモンスターテープによるアナログ録音で行い、かつてルディ・ヴァン・ゲルダーも使用した完璧にメンテナンスされたヴィンテージマイクやマイクアンプ、ミキサーを使用し、更に全てのマイクケーブルからラインケーブル、電源ケーブルまでACOUSTIC REVIVEの最高級品を使用するなど、最高峰のクオリティを実現するための音質向上を施しております。
シンプルな楽器編成が故のその生々しさ、目前で叩かれているようなドラムソロのリアリティは過去のどの録音も到達出来なかった次元を目指し、共演する楽器も本来の音色や質感が見事に再現され、各楽器との緊迫感溢れるインタープレイや魂のこもったドラムソロを克明かつリアルに収録しています。
またマスタリングに関しましては、米国ブルックリンに新設されたマスタリングスタジオにて行いました。演奏力の高さと優れた音楽性と合わせてAMBIVALENCEが目指すサウンドクオリティを具現化した内容となっております。
AMBIVALENCE MAYA

【参加メンバー】            
松尾 明 drums
山本玲子 vibraphone
牧原正洋 trumpet
仲石裕介 bass

録音:2019年11月6日、7日、16 Studio Dede
録音エンジニア:松下真也
マスタリングエンジニア:吉川昭仁
A & R : 塙 耕記
プロデュース:MAYA(AMBIVALENCE)
ソングリスト
1. Sonora
2. Fragile
3. St,James Infirmary
4. Nigerian Walk
5. Seven Times Around
6. Marcellina
7. I Surrender Dear
8. Rim Storn



お問合せ・ご注文はこちら
 ディスクユニオンJazzTOKYO
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル2F
 tel : 03-3294-2648
 JazzTOKYO買取センター : 0120-620-567 ※携帯電話からは03-3294-2648
 mail : do12@diskunion.co.jp
 営業時間 : 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: (時短営業中)12:00~19:00
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。