●MARCOS VALLE / CINZENTO 輸入LP 4,000円+税 (POLYSOM / 334691 / 7898324319358)

※LP
ブラジルがほこるポップ・マエストロ、マルコス・ヴァーリの 2020 年新作が早くも登場!

体を覆うビニールを引き裂く 76 歳とは思えないマルコス・ヴァーリの若々しい顔と、灰色を意味するアルバム・タイトル...。一見奇妙に思えるコンセプトだが、これは混迷を極めるブラジルの社会や時代でもマルコス・ヴァーリという音楽家を捕らえることはできないという意味なのだという。昨年にリリースされ大ヒットとなったマルコス流ディスコ・ブギー作品『センプリ』に比べれば幾分静かではあるが、マルコス・ヴァーリのルーツともいえるボサノヴァ、そしてマルコスの盟友であった故レオン・ウェアとのコラボ期を思わせるメロウ・グルーヴを多数収録した本作『CINZENTO』も前作に負けず劣らずの傑作である。

収録された楽曲のほとんどは 2019 年に、しかも若い作詞家たちとともに作られた新曲ばかり。ブラジルを代表するラッパーであるエミシーダとのコラボレーションで作曲された冒頭の "Reciclo" に始まり、名曲 "Summer Samba" あたりを思わせるボサ・グルーヴ "Pelo Sim, Pelo Não"、盟友ホナウド・バストスとの楽曲をリメイクした "Posto 9"、7/8拍子のジャズボサ "Só Penso em Jazz"、先述のエミシーダがゲスト参加したタイトル曲 "Cinzento" ...。

アルベルト・コンチネンチーノ(ベース)、ヘナート・マッサ・カルモン(ドラムス)というリオを代表する名手たちによる心地よいグルーヴもあいまって、聴けば聴くほどにタイトルが意味する重々しい空気は払しょくされ、心が晴れやかになってくる。そんなユーモアあふれるタイトルとアートワークを含めて、本作はポップ・マエストロであるマルコス・ヴァーリの真骨頂を発揮した作品と言えるだろう。





ソングリスト
A1. Reciclo
A2. Se Proteja
A3. Redescobrir
A4. Rastros Raros
A5. Pelo Sim, Pelo Não
B1. Cinzento
B2. Nada Existe
B3. Posto 9
B4. Só Penso Em Jazz
B5. Lugares Distantes



お問合せ・ご注文はこちら
 ディスクユニオンJazzTOKYO
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル2F
 tel : 03-3294-2648
 JazzTOKYO買取センター : 0120-620-567 ※携帯電話からは03-3294-2648
 mail : do12@diskunion.co.jp
 営業時間 : 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)



03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~20:00
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。