●HETTY KATE / UNDER PARIS SKIES
輸入CD 2,200円+税 (LISEZ L' ETIQUETTE RECORDS / HKCDUPS19 / 9324690172252)



※デジパックイギリス出身ヴォーカリストの最新作。過去にオーストラリアのABCから作品を発売、JAZZ PERSPECTIVE vol.10で表紙を飾りご存知の方も多いはず。1950年代の雰囲気を残しつつドラム・レスでしっとり歌い上げる歌唱は魅力的。ペギー・リー、ジュリー・ロンドンあたりがお好きな方にハマるかもしれない。現在はパリを中心に活動しており今回スタンダーズに加えフランスに因んだ曲も取り上げている。■Personnel:
Hetty Kate (vo)
James Sherlock (g)
Ben Hanlon (b)★2019年10月15日、パリ、英国とオーストラリア育ちのジャズボーカリスト、Hetty Kate(ヘティ・ケイト)が新アルバム「Under Paris Skies 」をリリースすることを発表。
アメリカの名曲の数々からインスパイアされ、慎重に作り上げられたメロディと歌詞で構成されおり、このアルバムからケイトが過ごしたパリでの1年間を垣間みることが出来ます。

★レコーディングは、オーストラリアでの「Under Paris Skies 」ツアーの合間の2年間に行われ、彼女は、住み慣れた街から離れて過ごす事で感情を浄化させ、メルボルンの旧知のアーティスト達とアルバムを作り上げています。今回のアルバムには、長年コラボレーションしてきたギタリストの James Sherlock (ジェームス・シャーロック) とベーシストのBen Hanlon (ベン・ハンロン) が参加。新アルバムの発表は、2014年にリリースされたアルバム「Dim All the Lights 」(ABC Jazz/Universal) の成功に続くものです。

★ケイトはオーストラリアのジャズシーンで10年以上活躍し、2009年からアルバムをリリース。彼女の主な活動の舞台は、クラブハウス、コンサートホール、スイングバンドやシンフォニーとのツアーなど、ニュージーランドからニューヨークまで多岐に渡る。
また、オーストラリアのジャズ界の巨匠、James Morrison(ジェームス・モリソン)のボーカリストとして4年以上活動。
ステージでの彼女のカリスマ的な存在感、自然な音楽性と明瞭な声色で、ミュージシャンとして確固たる地位を築いた。

★以下は、このプロジェクトに関するケイト自身のコメント
「私は、2017年1月にメルボルンからパリへ引っ越しました。なんだか分からないけれど、自分の中で良いタイミングのような気がしましたし、正しい選択のように感じました。単身でのパリへの引っ越しは、私にとって一つの最高の出来事であると同時に挑戦でもありました。私はスタンダードを歌うのが大好きで、パリへ引っ越す前後とその最中の無数の感情を表現したこれらの曲を選びました。新しい事を試すために、何もない状態でフランスへ転がり込んで、愛する人々や慣れ親しんだ物から離れました。その過程は、勇気や希望と驚きで満ち溢れていたけれど、何度も心が砕けたり、恋に落ちたりもしました。時に距離は、物事の本質を見る事を可能にしたり、心を強くしたりするものです。曲の多くが、私に優しくしてくれたりインスピレーションを与えてくれた友人達へ向けたものだったり、フランスやオーストラリ
アに滞在中に会いたいと感じた友人達を想って書いた曲です。だから、これはラブソングを収めたアルバムとも言えます。二つの都市、新旧の友人達、勇敢でいること…。このアルバムは、パリの大通りを曲がりくねりながら進んで、今この到着地点へ辿り着きました。どうぞ、お楽しみ下さい。」

★2017年よりフランスのパリをベースに活動。世界中でツアーを行い、年に二回はオーストラリアとニュージーランドを訪問。ジェームス・モリソンの受賞歴のあるシンフォニックコンサート「The A to Z of Jazz 」にボーカリストとして参加、香港、チェコ共和国、ニュージーランド、オーストラリアで舞台に立つ。フランスでは、the Amazing Keystone BigBand の「West Side Story」コンサートツアーにマリア役で参加。また、Eric McCusker (エリック・マッカスカー)の著名なミュージカル「Ava at the End of the World」にエヴァ・ガードナー役で出演。
「Under Paris Skies 」2019年11月1日に世界中へ向けリリース。2019年と2020年にツアー予定。

ソングリスト
1.Azure-Te (Paris Blues) (Davis / Wolf 1952) 2:54
2.On The Street Where You Live (Lerner / Loewe 1956) 6:38
3.Once Upon A Summertime (Legrand / Barclay / Mercer 1956) 2:37
4.Get Out Of Town (Porter 1938) 3:11
5.If You Could See Me Now (Dameron / Sigman 1946) 3:27
6.Darling, Je Vous Aime Beaucoup (Sosenko 1935) 2:57
7.Under Paris Skies (Giraud / Drejac / Gannon 1951) 4:01
8.La Belle Vie (Distel / Broussole 1962) 2:58
9.After You’ve Gone (Layton / Creamer 1918) 3:10
10.Tout Doucement (Mercadier / Clausier 1956) 2:57
11.Down With Love (Arlen / Harburg 1937) 2:25
12.A Nightingale Sang In Berkeley Square (Sherwin / Maschwitz 1940) 4:06



お問合せ・ご注文はこちら
 ディスクユニオンJazzTOKYO
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル2F
 tel : 03-3294-2648
 JazzTOKYO買取センター : 0120-620-567 ※携帯電話からは03-3294-2648
 mail : do12@diskunion.co.jp
 営業時間 : 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。