■High Noteレーベルからは3年振りとなるフィラデルフィア生まれのトランぺッター、ウォレス・ルーニーの最新アコースティック、ストレイト・アヘッド作品が登場。


■16歳でジャズ界にデビューし、リーダー作を21作発表している。マッコイ・タイナー、ディジー・ガレスピー、エルヴィン・ジョーンズ、チック・コリア等と共演を重ね、ジャズ・シーンに大きな影響を与えた。最晩年のマイルス・デイビスのバンドでも演奏、“マイルスの再来”とも言われた。


■本作もアコースティック・サウンドにこだわり、ネクスト・ジェネレーションを担う若手のメンバーをバックに堂々としたスリリングな演奏を展開している。マイルスのビッチェズ・ブリューに参加したドラマー、レニー・ホワイトが4曲に参加したことでバンド・サウンドの厚みが増した。マイルスを彷彿とさせる幻想的で美しいバラード曲「Why Should There Be Stars」、デーブ・リーブマンの「New Breed」から若手メンバーの手による新しいサウンドまで8曲を収録、ジャズの未来を垣間見ることができる作品である。


■録音はニュー・ジャージーのルディ・ヴァン・ゲルダースタジオ。長年ヴァン・ゲルダーのアシスタント・エンジニアとして働いていたモーリン・シックラーが録音を担当している。アコースティックな楽器の音を知り尽くした見事な録音にも注目である。


 


メンバー:Wallace Roney (trumpet), Emilio Modeste (tenor and soprano saxophones), Oscar Williams II (piano), Paul Cuffari (bass),Kojo Odu Roney (drums 1, 4, 6, 7 & 8), Lenny White (drums 1, 2, 3 & 5), Quintin Zoto (guitar 1, 3 & 5 only)


Recorded at Van Gelder Recording Studio, Englewood Cliffs, NJ, on September & December, 2018


ソングリスト

  • 1. Bookendz 6:12
  • 2. Why Should There Be Stars 5:28
  • 3. Wolfbane 7:54
  • 4. New Breed 8:10
  • 5. Don’t Stop Me Now 6:59
  • 6. In a Dark Room 8:57
  • 7. Venus Rising 5:15
  • 8. Elliptical 4:15

お問合せ・ご注文はこちら
 ディスクユニオンJazzTOKYO
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル2F
 tel : 03-3294-2648
 JazzTOKYO買取センター : 0120-620-567 ※携帯電話からは03-3294-2648
 mail : do12@diskunion.co.jp
 営業時間 : 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。