●ダスコ・ゴイコヴィッチ / スケッチ・オブ・ユーゴスラヴィア / ウルトラ ヴァイヴ / JPN / CD / CDSOL6841 / 4526180492146 / 2,200円+税

CD(4) 

商品レビュー


もの凄いお宝音源発掘!
哀愁のトランペット奏者ダスコ・ゴイコヴィッチが1973年から74年にかけて北ドイツ放送が誇るNDRビッグバンドの荘厳なオーケストレーションをバックにソロイストとしてバルカンの哀歌を切々とブロウしたスタジオ作品で、タイトルはマイルス・デイヴィス~ギル・エヴァンスのコラボレーションを彷彿とさせるその名も『スケッチ・オブ・ユーゴスラヴィア』!


 


タイトルからも想像できるように本作はNDRビッグバンドを従えダスコがフィーチャード・ソロイストとして泣きのトランペットを吹きまくる作品。2回分のセッションを収録したスタジオ作品で、キーメンバーとして参加するのはオーストリア出身のグルーヴィなピアニスト、フリッツ・パウアー。アレンジは映画音楽家として名高いハンス・ハマーシュミットで、ダスコのペンによる哀愁のバルカン賛歌を繊細に、ゴージャスに仕上げている。1973〜4年のダスコといえば、長年活動の拠点としていたケニー・クラーク~フランシー・ボラーン・ビッグバンドと距離を置きソロ活動にまい進していた時期でもあり、40代に入りミュージシャンとして、トランペット奏者として最も充実していた時期だ。そのダスコが憂いのあるトーンで切々とバルカンのメロディを吹きオーケストラが盛り上げるのだからファンならずとも必聴だ。これまで40年以上もオクラ入りしていた幻級の発掘盤、是非ともお聴きいただきたい作品です!


 


■ダスコ・ゴイコヴィッチ(tp,flh)&NDR オーケストラ


M1~6 : フリッツ・パウアー(p)ピーター・トランク(b)トニー・インザラコ(ds)


M7,8 : フリッツ・パウアー(p)ボ・スティーフ(b)ロニー・ステファンソン(ds)


1973,4年録音





ソングリスト

  • 1.バルカン・ダンス 
  • 2.ボスニア・コーリング 
  • 3.パノニカ 
  • 4.イースト・オブ・モンテネグロ 
  • 5.マケドニア 
  • 6.シューマーデャ 
  • 7.ヘイズ・オン・ザ・ダヌベ 
  • 8.オーリッド 
  • 9.フィナーレ

お問合せ・ご注文はこちら
 ディスクユニオンJazzTOKYO
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル2F
 tel : 03-3294-2648
 JazzTOKYO買取センター : 0120-620-567 ※携帯電話からは03-3294-2648
 mail : do12@diskunion.co.jp
 営業時間 : 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。