●ジェイク・メイソン / ストレンジャー・イン・ザ・ミラー / BSMF RECORDS / JPN / CD / JM10001 / 4546266214684 / 2,400円+税

CD(4) 

商品レビュー


オーストラリアの最強ジャズファンク・トリオ、クッキン・オン・スリー・バーナーズのオルガン奏者としてその名を知られるジェイク・メイソンが、ソウルジャズ・トリオとして初のリーダー作をドロップ。ジミー・スミスや、ジャック・マクダフなどを彷彿とさせる、60年代にタイムスリップしたかのようなオーセンティックなオルガンジャズを聴かせる。オーストラリアのグラミー賞「ARIAミュージック・アワード2018」の、最優秀ジャズアルバム賞にノミネートされた名作が遂に日本上陸を果たす。


Jake Mason (ジェイク・メイソン)
ジェイク・メイソンは、オーストラリアのメルボルンを拠点に活動するマルチ・インストゥルメンタリスト。元々はアルトサックスの奏者だったが、メルボルンの難関校ビクトリアン・カレッジ・オブ・ジ・アーツ在学中にハモンドオルガンの音に心酔。ジミー・スミスや、ジミー・マクグリフ、ラリー・ゴールディングスなどに影響を受け、オルガンを独学で学び始める。1997年、ザ・バンブースのギター奏者ランス・ファーガソンと、ドラマーのアイヴァン・カチョーヤンと共にジャズファンクバンド、クッキン・オン・スリー・バーナーズを結成。数枚のシングルを発表した後、2007年にデビューアルバム『Baked, Broiled and Fried』を発表する。2014年の『Blind Bet』では、オーストラリアの音楽賞を獲得し、この年の東京JAZZで初来日。2016年には、共同制作したKungs vs. Cookin' on 3 Burners名義のシングル「This Girl」が、30の国と地域でiTunesチャート1位を獲得。Shazamのワールドチャートでは11週1位をキープし、世界的ヒットとなる。


ソングリスト

  • 1. The Grain Store
  • 2. The Stranger In The Mirror
  • 3. Rib Eye
  • 4. Please Please Please
  • 5. People Two & One
  • 6. Smile Awhile
  • 7. Butter Melt
  • 8. Sunfall
  • 9. Lemon Twist
  • 10. Candy Smack



お問合せ・ご注文はこちら
 ディスクユニオンJazzTOKYO
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル2F
 tel : 03-3294-2648
 JazzTOKYO買取センター : 0120-620-567 ※携帯電話からは03-3294-2648
 mail : do12@diskunion.co.jp
 営業時間 : 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。