●COMET IS COMING / TRUST IN THE LIFEFORCE OF THE DEEP MYSTERY / IMPULSE! / EU / LP / 7734537 / 0602577345371 / 3,600円+税

シャバカ・ハッチングスを擁するサイケデリックでスペーシーな変則トリオ・ユニットがimpulse!からデビュー! エレクトロニカやポスト・ロック色の濃厚なスペイシーなサウンド・プロダクションとシャバカが奏でるキャッチーなメロディはトリップ効果絶大! 

【詳細はコチラ】
http://blog-jazztokyo.diskunion.net/Entry/38632/



●SHABAKA AND THE ANCESTORS / WISDOM OF ELDERS / BROWNSWOOD / UK / 2LP / BWOOD155LP / 5060180322878 / 2,400円+税

これはカマシへのロンドンからの回答か…現行UKブラック・ジャズの最高峰シャバカ・ハッチングス、遂に光臨。
NYのロバート・グラスパー、LAのカマシ・ワシントン、マンチェスターのゴーゴー・ペンギンやママル・ハンズ、メルボルンのハイエイタス・カイヨーテなど世界各国で新たなジャズの潮流が巻き起こる中、その全てを予見してきたジャイルス・ピーターソンの<Brownswood>より、ロンドンを拠点に活動するアフリカ系テナー・サックス奏者シャバカ・ハッチングスが南アフリカの精鋭ジャズマン達を率いた初リーダー作品。

【詳細はコチラ】
http://blog-jazztokyo.diskunion.net/Entry/38587/




●SONS OF KEMET / YOUR QUEEN IS A REPTILE / IMPULSE! / IMP / 2LP / 6736432 / 0602567364320 / 4,000円+税


カマシ・ワシントンと肩をならべ、ロンドンで活躍するサックスプレイヤー&コンポーザー、シャバカ・ハッチングスがimpules!からリリースされた2枚組LP。


シャバカによるグループSons of Kemetの3枚目アルバムとなります。
Sons of Kemetは、テナー・サックス、チューバ、ダブル・ドラムの混沌としたミックスが特徴ですね。本作ではジャンルを超えてのアプローチに挑戦や様々なゲストをフィーチャー。英国君主制の圧力的なシステムに対して挑戦ともいえるでしょう。

【詳細はコチラ】
http://blog-jazztokyo.diskunion.net/Entry/34028/






●V.A. / WE OUT HERE / BROWNSWOOD / IMP / 2LP / BWOOD0175LP / 5060180323325 / 2,300円+税

Gilles Peterson主宰の名門<Brownswood>より、ストリートを中心に若きジャズマンたちによって生々しい活気に満ち溢れた新たなシーンを形成しつつあるロンドン・ジャズの“現在”をリポートするプロジェクト『We OutHere』がリリース。本プロジェクトは自らのバンドthe AncestorsやSonsof Kemetを率いて、ブラック~アフロからアヴァンまで現在のUKジャズ・シーンを牽引するShabaka Hutchingsが音楽ディレクターを務め、全曲本作のために録り下ろされた新曲を収録。

【詳細はコチラ】
http://blog-jazztokyo.diskunion.net/Entry/33309/






●MAISHA / THERE IS A PLACE / BEAT RECORDS, BROWNSWOOD RECORDINGS / IMP / LP / BWOOD0187LP / 5060180323639 / 2,000円+税

シャバカ・ハッチングス、ジョー・アーモン・ジョーンズ、エズラ・コレクティヴも参加し、サウス・ロンドンのシーンの現在を見事に捉えた名コンピとして話題を呼んだ『We  Out  Here』の冒頭を飾ったセクステット、マイシャの待望のデビュー・アルバム!!

【詳細はコチラ】
http://blog-jazztokyo.diskunion.net/Entry/37342/






●NUBYA GARCIA / WHEN WE ARE / NYASHA / IMP / 12"(レコード) / NYASHA001 / 0840092851551 / 2,500円+税

これまでJoe Armon-Jones、Moses Boyd、MAISHAといった新世代UKミュージシャンの注目作品には彼女ありと言えるほど、精力的に活動をするサックス奏者Nubya Garciaの2018年リリース「When We Are」のフィジカルが入荷。
ピアノにはJoe Armon-Jonesが参加し、新世代UKジャズを追っている方は見逃せない1枚。B面にはリミックスを収録。

【詳細はコチラ】
http://blog-jazztokyo.diskunion.net/Entry/38244/






●EZRA COLLECTIVE / JUAN PABLO: THE PHILOSOPHER / ENTER THE JUNGLE RECORDS / IMP / LP / ETJ001LP / 0689492185411 / 2,600円+税

ジャイルズ・ピーターソンも惚れ込んだ才能。そしてフローティングポインツ と マット・ミスコとで、アビイ・ロード・スタジオにて録音された2017年に話題沸騰だったエズラ・コレクティヴ。
彼らの衝撃作「Chapter 7」より7曲をカットアップ、12インチ盤に仕上げました。
2019年にはフルアルバムをリリース予定!!!!

【詳細はコチラ】
http://blog-jazztokyo.diskunion.net/Entry/36006/








●MOSES BOYD / DISPLACED DIASPORA / EXODUS RECORDS / UK / LP / XOLP002 / 5050580696525 / 2,400円+税

GILLES PETERSON にもその才を見出され、新世代UK AFROBEAT/CLUB JAZZ界を牽引するまでに大成長した天才ドラマー/プロデューサー MOSES BOYD。現代的かつ都会的なセンスでELECTORNICAとAFROBEAT/CLUB JAZZを融合、GRIMEといったBASS MUSICまでをも飲み込んだ楽曲群を収録したフルアルバム。

【詳細はコチラ】
http://blog-jazztokyo.diskunion.net/Entry/37257/



●YUSSEF KAMAAL / BLACK FOCUS / BROWNSWOOD / UK / LP / BWOOD157LP / 5060180322908 / 2,500円+税

ディーゴを追う才能として注目を集め、マックス・グレーフやグレン・アストロ、ロメア―ら新世代ハウス・アクトともリンクするプロデューサー兼マルチ・プレイヤーである鬼才ヘンリー・ウーことカマール・ウィリアムスが盟友ユセフ・デイズとのジャズ・プロジェクト!

【詳細はコチラ】
http://blog-jazztokyo.diskunion.net/Entry/34505/



●MANSUR BROWN / SHIROI / BLACK FOCUS / UK / LP / BFR002LP / 5060384614816 / 2,176円+税

トラップを演奏するジミヘンか?はたまた南ロンドンのジョージベンソンか?あり得ない?いや、これが、これこそがフライローもドゥルッティ・コラムも呑み込んだ21世紀ジャズの今。新世代ジャズを代表する鍵盤がロバート・グラスパーでベースがサンダーキャットならば、ギターはこの男が牽引していくであろう傑作がここに誕生した。

【詳細はコチラ】
http://blog-jazztokyo.diskunion.net/Entry/37508/



●KAMAAL WILLIAMS / NEW HEIGHTS / SNITCHES BREW / BLACK FOCUS / UK / 12"(レコード) / BFR003 / 5060384615004 / 1,370円+税

2018年にHenry Wuが新たに立ち上げ、瞬く間にUKジャズの台風の目となった<Black Focus Records>2019年第1弾リリースは自身が率いるKamaal Williams待望の新曲!

【詳細はコチラ】
http://blog-jazztokyo.diskunion.net/Entry/38135/



●MABUTA / WELCOME TO THIS WORLD / AFROSYNTH / IMP / LP / AFS041 / 3481575162565 / 3,000円+税

Kyle ShepherdやLionel Louekeらと共に演奏し南アフリカの若いジャズシーンを牽引してきたダブルベース奏者 Shane Cooperによるシン・プロジェクトがついに上陸。ミンガスとSquarepusherの遺伝子を引き継ぐアフリカ大陸随一の異端によるキャリア最大の音絵巻は、いまロンドンを中心に烈火の如く盛り上がる新世代ジャズシーンと完全にリンクした、ダンサブルでハイエナジーなエレクトリック・アフロ・ジャズ!

【詳細はコチラ】
http://blog-jazztokyo.diskunion.net/Entry/38138/






お問合せ・ご注文はこちら
 ディスクユニオンJazzTOKYO
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル2F
 tel : 03-3294-2648
 JazzTOKYO買取センター : 0120-620-567 ※携帯電話からは03-3294-2648
 mail : do12@diskunion.co.jp
 営業時間 : 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。