● JOE MARTIN / ETOILEE / Sunnyside / US / CD / 1540 / 0016728154024 / 2,100円+税

CD(4) 

商品レビュー


NYを拠点に、90年代半ばより最前線で活躍するベーシスト、ジョー・マーティンの最新作品。


本作は、『 Not by Chance』(2009年/ANZIC)以来となる久しぶりのリーダー作。


『Not~』にも、クリス・ポッター、ブラッド・メルドウ、マーカス・ギルモアといったそうそうたるアーティストが集結して話題になりましたが、本作も、マーク・ターナー、ケヴィン・ヘイズ、ナシート・ウェイツと、マーティンがレギュラーで活動するグループのメンバーを招集したもの。


そのうち、マーク・ターナーとケヴィン・ヘイズは2002年にリリースした初リーダー作『Passage』にも参加するメンバー、ナシート・ウェイツとは1992年あたりにジャム・セッションで共演して以来の共演歴と、どのメンバーとも10年をはるかに超える共演歴があります。


録音は2018 年ニューヨークのシアー・サウンドにて。


作品名は、マーティンの愛娘の名前で、2 曲目の題名にも、妻の名


前と、2 人の息子の名前を融合するなど、家族への思いも織り込んだ8つのオリジナルで構成。


演奏は『Passage』、『Not by Chance』でも評されてきたように、今回も、思索的で、インテリジェンスがあふれる美学が表現されたマーティンのコンポジションと、バンドメンバーの個性が掛け合わされた職人的な逸品。


マーティンとナシートによる心地よいグルーヴと、ケヴィン・ヘイズのローズの響きを土台にマーク・ターナーのクールなソロが展開されていくオープニングをはじめ、クラシックのクラリネット奏者である父親、ヴァイオリニストである母親にささげたバラード・ナンバーなど、どの曲もメロディ感覚とリリシズムが織り込まれたオリジナルな世界があります。


マーティンが愛娘にインスパイアされて描かれたタイトル曲では、マーク・ターナーのソプラノ、ヘイズの美しいアコースティックのピアノをたっぷりとフィーチャー。


聴くたびに新たな味わいを発見できる重層的な作品に仕上がっています。(新譜インフォより)


 


Joe Martin (b)


Mark Turner (ts, ss)


Kevin Hays (p, fender rhodes)


Nasheet Waits (ds)





ソングリスト

  • 01. A World Beyond (7:31)
  • 02. Malida (10:14)
  • 03. Prospecting (6:32)
  • 04. Two Birds (7:00)
  • 05. Safe (6:47)
  • 06. Long Winter (8:47)
  • 07. Etoile (7:05)
  • 08. 5X3 (7:24) 



お問合せ・ご注文はこちら
 ディスクユニオンJazzTOKYO
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル2F
 tel : 03-3294-2648
 JazzTOKYO買取センター : 0120-620-567 ※携帯電話からは03-3294-2648
 mail : do12@diskunion.co.jp
 営業時間 : 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。