● JOACHIM KUHN / MELODIC ORNETTE COLEMAN / Act Music / ITA / CD / ACT9763 / 0614427976321 / 2,300円+税 


CD(4) 

商品レビュー


ドイツの重鎮ピアニスト、ヨアヒム・キューンのソロ作が登場!


ACT のピアノ・ソロ・シリーズ“Piano Works”第13 弾でのリリース。


そもそもこのシリーズはキューンの第1弾から始まり、第9弾で2作目(ミヒャエル・ウォルニーとのデュオ。本シリーズでのデュオ作はこれだけ。)、そして今回で3作目となる。


今作のコンセプトは、オーネット・コールマンが書き溜めていたメロディをソロ・ピアノのために再構築するもの。


キューンとオーネットは1995~2000年に共演、16回のコンサートを行い、各コンサートの前にスタジオで10曲の新曲を作ったそう。


そのため、キューンはオーネットと共演していた当時の170曲もの楽譜と録音を所有する唯一の人物であり、今作の収録曲は“Lonely Woman”以外、作品として発表されたことのない楽曲だという。


オーネットの代表曲“Lonely Woman”から始まる。メロディのひとつひとつの音を噛みしめるように弾くキューンの演奏はどこか物悲しく、オーネットへのレクイエムのようである。


続く未発表の楽曲の数々は、ブルースに根付き、讃美歌やゴスペルのようでもあり、シンプルながら美しいオーネットの世界そのもの。


そのメロディにインスピレーションを受けたキューンの即興は、時に荒々しく、時に審美的であり、オーネットの世界をキューンの解釈によってさらに展開・発展させていく。


なお、ラスト14曲目のみキューンの楽曲である。


フリー・ジャズのアイコンであるオーネットと、長く共演した偉大なピアニスト、ヨアヒム・キューンの、次元を超えた共演とも言える今作。


およそ20年の時を経てオーネットの楽曲に再び魂が吹き込まれた。(新譜インフォより)

Joachim Kühn (p)


ソングリスト

  • 1. Lonely Woman (rambling) 
  • 2. Lost Thoughts 
  • 3. Immoriscible Most Capable Of Being 
  • 4. Songworld 
  • 5. Physical Chemistry 
  • 6. Tears That Cry 
  • 7. Aggregate And Bound Together 
  • 8. Hidden Knowledge 
  • 9. Love Is Not Generous, Sex Belongs To Woman 
  • 10. She And He Is Who Fenn Love 
  • 11. Somewhere 
  • 12. Food Stamps On The Moon 
  • 13. Lonely Woman (ballad) 
  • 14. Bonus track - Dedication to Ornette by Joachim Kühn: The End Of The World 

お問合せ・ご注文はこちら
 ディスクユニオンJazzTOKYO
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル2F
 tel : 03-3294-2648
 JazzTOKYO買取センター : 0120-620-567 ※携帯電話からは03-3294-2648
 mail : do12@diskunion.co.jp
 営業時間 : 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。