●JOHN PIZZARELLI / FOR CENTENNIAL REASONS: 100 YEAR SALUTE TO NAT KING COLE / GHOST NOTE(JAZZ) / US / CD / 9155833822 / 0791558338225 / 1,800円+税

CD(4) 

商品レビュー


洗練されたギターとヴォーカルでここ日本でも根強い人気を誇る、ジョン・ピザレリ。 
伝説の名ギタリスト、バッキー・ピザレリを父に持ち、6才からギターを弾き始めたという彼は、これまで30作近いリーダー作の他、父バッキー・ピザレリをはじめ、ローズマリー・クルーニーやステファン・グラッペリ、ポール・マッカートニー、マンハッタン・トランスファー、ジェイムス・テイラーなど、数多くのアーティストのアルバムにゲストとして、またサイドマンとして参加してきた。さらにはロバート・アルトマン監督の映画『プレタポルテ』の挿入歌も担当するなど、その暖かな歌声と洗練された7弦ギターの演奏で高い評価を獲得してきた。 

これまでも、デューク・エリントンやジョニー・マーサー、ポール・マッカートニーにフランク・シナトラ&アントニオ・カルロス・ジョビンへのトリビュート・アルバムをリリースしてきた彼だが、今回リリースするのは、今年生誕100年を迎えるナット・キング・コールへのトリビュート・アルバム。ピザレリは1994年にも『DR. MR.COLE』と名付けられたトリビュート・アルバムを発表しており、このアルバムの大ヒットによってその人気を不動のものとしている。彼にとってナット・キング・コールは敬愛してやまないヒーローの1人なのだ。 

本作『FOR CENTENNIAL REASONS: 100 YEAR SALUTE TO NAT KING COLE』は、ジョン・ピザレリが彼のトリオとともに、ナット・キング・コールの名曲を彼流にアレンジしたもの。セレクトされた楽曲は、「The Very Thought Of You」、「It's Only A Paper Moon」、「Body And Soul」、「When I Fall In Love」などヴォーカリストとしてのピザレリの魅力が溢れている。 

“グレイト・アメリカン・ソングブック”のスタンダード・ナンバーを世代を超えて現代に伝えるジョン・ピザレリ。ナット・キング・コールの生誕100周年を祝うに相応しい、ギター弾き語りの名手によるトリビュート・アルバムがここに到着した。

 

ソングリスト

  • 01Straighten Up and Fly Right
  • 02A Hundred Years from Now
  • 03The Very Thought of You
  • 04(I Would Do) Anything for You
  • 05I'm Such a Hungry Man
  • 06It's Only a Paper Moon
  • 07Body and Soul
  • 08Nat King Cool
  • 09When I Fall in Love
  • 10Save the Bones for Henry Jones ('Cause Henry Don't Eat Meat)
  • 11Hit That Jive, Jack!
  • 12Could-'Ja
  • 13Red Sails in the Sunset
  • 14(Get Your Kicks On) Route 66

お問合せ・ご注文はこちら
 ディスクユニオンJazzTOKYO
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル2F
 tel : 03-3294-2648
 JazzTOKYO買取センター : 0120-620-567 ※携帯電話からは03-3294-2648
 mail : do12@diskunion.co.jp
 営業時間 : 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。