●BRUNO PERNADAS / HOW CAN WE BE JOYFUL IN A WORLD FULL OF KNOWLEDGE / PATACA DISCOS / POR / CD / DP00214 / 8429006721832 / 2,000円+税

●ブルーノ・ペルナーダス / ハウ・キャン・ウィー・ビー・ジョイフル・イン・ア・ワールド・フル・オブ・ナレッジ 【帯・共通ライナーノーツ封入国内仕様盤】/ Unimusic / JPN / CD / UNCD005 / 4988044903586 / 2,200円+税

●BRUNO PERNADAS / WORST SUMMER EVER / PATACA DISCOS / POR / CD / DP00216AS / 8429006881772 / 2,000円+税

●ブルーノ・ペルナーダス / ワースト・サマー・エヴァー 【帯・共通ライナーノーツ封入国内仕様盤】/ Unimusic / JPN / CD / UNCD006 / 4988044903593 / 2,200円+税

●BRUNO PERNADAS / THOSE WHO THROW OBJECTS AT THE CROCODILES WILL BE ASKED TO RETRIEVE THEM / PATACA DISCOS / POR / CD / DP00116 / 8429006878055 / 2,000円+税

●ブルーノ・ペルナーダス  / ゾーズ・フー・スロウ・オブジェクツ・アット・ザ・クロコダイルス・ウィル・ビー・アスクド・トゥ・リトリーヴ・ゼム 【帯・共通ライナーノーツ封入国内仕様盤】/ Unimusic / JPN / CD / UNCD007 / 4988044903609 / 2,200円+税


商品レビュー

「ポルトガルのスフィアン・スティーブンス」 とも呼ばれる鬼才音楽家 ブルーノ・ペルナーダス、2018年来日決定!



■ ブルーノ・ペルナーダス BRUNO PERNADAS 
1982年、ポルトガルのリスボンに生まれ。13歳のころよりクラシック・ギターを演奏し始め、2003年から2007年にはリスボンのジャズ・スクール“Hot Club de Portugal”にて作曲家Vasco Mendonçaに師事。Pedro Moreira, João Moreira, Nelson Cascais, Afonso Pais, Bruno Santos, André Fernandes, Sérgio Azevedo, Lars Arensといったミュージシャン達とともに学んだ。ワークショップでは様々なマスタークラスやオーケストラ・インターンシップがあり、Lee Konitz, Carlos Barreto, the Lisbon Music School Jazz Orchestra, Instituto Piaget’s Big Band, John Taylor, Matt Pavolka, San Francisco Jazz Collective, Pete Rende, Dan Weiss, Ohad Talmor, Ben Monder, David Binneyらから学ぶ機会もあったという。 また現代の音楽家らしく様々な音楽的素養を身に着けるブルーノは、ポルトガルだけでなくブラジル・ベレン州のシアターで劇やバレエの劇伴なども経験。2015年には『A toca de Lobo』 『Steamboat bill jr』といった映画へのサウンドトラックも提供している。

OFFICIAL SITE
http://www.brunopernadas.com/

INTERVIEW
http://thebluewalrus.com/2014/03/31/knowledge-upside-interview-bruno-pernadas/





ポップ、ジャズ、エキゾチック、フォーク、クラシック・・・レトロフューチャーでビビッドなコラージュアートが目を引くジャケットビジュアルが表すそのままに、様々な音楽や時代のエッセンスが融合し、それでいてどこか懐かしい。

"ポルトガルのスフィアン・スティーブンス" とも呼ばれ、ここ日本でもじわじわとファン層を広げていたブルーノ・ペルナーダス (BRUNO PERNADAS) 。アカデミックな音楽的バックグラウンドを持ち、ポップ、ジャズ、エキゾチック、フォーク、クラシックなど様々な音楽や時代のエッセンスを融合させながら、難解さから巧妙に逃れてどこか懐かしくあたたかい。ベルリンの次のデスティネーションとして世界中のアーティスト・ミュージシャンが集まるポルトガルの首都リスボンから待望の初来日です。

■ 11/3・4 「FESTIVAL de FRUE 2018」 詳細は
こちら

「FESTIVAL de FRUE」 は、国境やジャンルなどあらゆる境界を越えて"強く、深い、そして濃い精神性を携えているミュージシャン"を世界各国から招聘し、去年静岡で初開催。刺激的で、目にした事の無いような魅力的なアーティストラインナップ、11月にも関わらずあたたかく過ごしやすい天候と、子供連れにも優しい快適なファシリティが観客の心をつかみ、クラウドファウンディングを経て今年も開催が決定。

■ 11/5 渋谷 at WWW X  詳細はこちら

東京単独公演は「FESTIVAL de FRUE」の翌日となる11月5日に開催。どちらも9人バンド編成。フェスティバルの高揚感と抜けの良さ、単独公演の密度高い濃厚なステージ、どちらのパフォーマンスにも否応無く期待が高まるBruno Pernadasの初来日を、どうぞお見逃し無く。





03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~20:00
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。