「寺島レコード」がオリジナル録音のリマスターシリーズを発表
エンジニアはなんとステファノ・アメリオ!!
「ジャズ・オーディオ・ディスク大賞」常連エンジニア、ステファノ・アメリオが寺島レコード作品の新たな魅力を映し出すリマスター・プロジェクトが始動
オリジナル音源とすぐに聞き比べができるリマスター音源とオリジナル音源の2枚組仕様

「リマスター」――RVGシリーズに代表されるように、それはジャズ・ファン、オーディオ・ファン共に垂涎の企画。
このたび、“ジャズ・オーディオ”に並々ならぬ拘りを貫き、もとより好評を博す「寺島レコード」が、レーベル創立(2007年)以来続けてきたオリジナル録音のリマスターシリーズを発表します。注目のリマスタリング・エンジニアは、プロデューサー寺島靖国自身が大ファンにして「ジャズ・オーディオ・ディスク大賞」に毎年名を連ねるイタリアのステファノ・アメリオ。
彼の作り出すサウンドは絶妙な空間バランスと明瞭な輪郭を持ちオーディオ・ファンをも虜にしてやまない高音質で、手がけた作品は軒並みヒットを飛ばしています。(全2期・計10タイトル予定)

特別仕様ライナー付属
寺島靖国が新たに本企画のために書き下ろしたライナー
+
オリジナルライナー






●松尾明 / アローン・トゥゲザー・リマスター / 寺島レコード / JPN / CD / TYR1063 / 4988044040052 / 3,000円+税 


CD(4) 

商品レビュー


いよいよテラシマさんのプロデュース作品が発売となった。昨日の発売日に都内の有名レコード店を廻ったらどこでも大々的に展開しておりました。ボクも少しだけこの時の録音スタジオを見学していましたが、松尾明トリオというよりやはり寺島靖国トリオという概念を強く持ったほど、寺島さんの拘りが随所に拘泥されるのを発見しました。それは、ジャケもそうで今から5年前に気に入ったQUINTONというレーベルのジャケ仕様を再現してしまいました。「ジャズはガッツで、3分間芸術」の真髄を具現化しちゃった大変な作品です。


(山本隆)


 


●「曲は哀愁、演奏はガッツ」


このCDの以前からの構想は「曲は哀愁、演奏はガッツ」というものでした。それが今回ばっちりと具現され、私は嬉しくてたまりません。


 


●「三分間芸術」 


さらにこれも前から目指していた「三分間芸術」。つまり、演奏のエッセンスや骨髄のようなものが極めて短い時間の中に濃縮されている。水増し演奏いっさい、なし。 


 


●「レトロ・フィデリティ・サウンド」 


音はといえば生より生々しいシンバル、ピアノ、そしてベースが聴こえてくるのですからこれを世紀の傑作といわずして何といったらいいのか。私は今、感涙にむせんでいます。


−寺島靖国−


 


情熱を注ぎ込み、本能的に飛び出した瞬間の音。これこそ僕の求めていたジャズ、やっと録れた!


−松尾 明−


 


松尾明(ds), 寺村容子(p), 嶌田憲二(b) 


(2007年発売時のもの






●寺村容子 / 寺村容子ムード・リマスター / 寺島レコード / JPN / CD / TYR1064 / 4988044040069 / 3,000円+税 



CD(4) 

商品レビュー


寺島レコードの"美旋律"、"美メロ"担当ピアニスト「寺村容子」、遂にリーダー作リリース。 by 寺島靖国


 


松尾明トリオ、MAYAでの長い活動を経て、寺島サウンドの要、美旋律の立役者"寺村容子"遂にリーダー作をリリース。


「曲は哀愁、演奏はガッツ」の寺島サウンドを素直に表現した本アルバムは、全10曲中7曲が5分を切る録音時間でまとめられています。1VOLAGE、7春の嵐(仮)という2曲のオリジナルに加え、ロッド・スチュワートの4SAILING、スティングの8MOON OVER BOURBON STREETといったポップスの名曲や、スタンダード、ラテンを交えた見事な選曲バランス。さらに、そのメロディと選曲の色を際立たせるのが、音の良さでしょう。ライド・シンバルの透き通った音とベースのゴリッとした接近感。寺島レコードの「ニュー・レトロ・フィデリティ・サウンド」を高らかに宣言します。


 


■メンバー


寺村 容子(p)、新岡 誠(b)、諸田 富男(ds)


 


■録音:2011年6月27日 横浜 LANDMARK STUDIO


(2011年発売日時のもの)




          ●大橋祐子 / BUENOS AIRES 1952 リマスター / 寺島レコード / JPN / CD / TYR1065 / 4988044040076 / 3,000円+税 


          CD(4) 

          商品レビュー


          前作『PRELUDE TO A KISS』の記憶も新しい、ピアニスト大橋祐子のリーダー作第2弾がついにリリース。


          松尾明トリオでも演奏された「Take Me in Your Arms」、ERNST GLERUMの「Fly Over」(『JAZZ BAR 2005』にも収録)らの名曲群を選曲、ラストを「慕情」で締めるあたり、プロデューサー寺島靖国氏のセンスを感じずにはいられません。


          そして前作に続き今作も彼女のオリジナル作品「Sol Cubano」「Waltz Part2」「Over the Mountain」を3曲収録。女性らしい柔らかな曲に仕上がりました。


           


          ■メンバー


          大橋祐子(p)、 佐藤忍(b)、守新治(ds)


           


          ■レコーディング


          2011.12.6 at LANDMARK STUDIO


          (2012年発売時インフォより)





          ●山本玲子 / YAMAMOTO REIKO TEMPUS FUGIT リマスター / 寺島レコード / JPN / CD / TYR1066 / 4988044040083 / 3,000円+税 



          CD(4) 

          商品レビュー


          寺島レコードの新たなアーティストは、なんとヴィブラフォン奏者!


          旋律美を最も重視する寺島氏を唸らせるフレーズ、楽器のもつ神秘的な響きを最大限に生かした編成とアレンジ、トラディショナルからモダンまで弾きこなす感性とテクニック――と、聴き所満載の期待の新星、登場です!


          優れた作曲能力を併せ持ち、本作に収録された3曲のオリジナル曲はいずれもポスト・スタンダード曲といっても過言ではない出来映え。さらにボーナストラックでは、なんとピアノトリオ演奏まで披露しています。前代未聞のパーカッシブな〈枯葉〉は必聴!


          ■山本玲子Tempus Fugitメンバー:


          山本玲子(vib, p*)、松尾明(ds)、小美濃悠太(b)、皆川太一(g)


          ドラムには寺島レコードの屋台骨・松尾明を迎え、ベースとギターには現在のジャズライブシーンで引っ張りだこの小美濃悠太と皆川太一を起用!


          ■BonusTrack収録: .枯葉(Joseph Kosma) *山本玲子ピアノ演奏


          (2013年リリースインフォより)







          皆川太一 / マイナー・ムード・リマスター / 寺島レコード / JPN / CD / TYR1067 / 4988044040090 / 3,000円+税 


          CD(4) 

          商品レビュー


          山本玲子(vib)テンパス・フュジット参加で頭角を現わしたギタリスト皆川太一が、新進気鋭メンバーと臨むデビュー作


          2016年、寺島レコードの本年第一弾レコーディング・アーティストはギタリストの皆川太一のデビュー作。バークリー留学から帰国後、数々のバンドで研鑚を積みながら、新鋭ヴァイブラフォン奏者山本玲子率いる「テンパス・フュジット」(寺島レコードより2枚のリリース)のヒットによりそのプレイにさらに注目が集まることとなった。


          メンバーにも、間違いなくこれからのジャズ界を牽引することになる若手のスーパー・プレイヤーが集結。テナーの杉本匡教はジャズ史上久しぶりに現れた、楽曲独自の美しさを最大限引き出すサックス奏者。ドラムスは若干17歳で渡辺貞夫(as)のツアーに抜擢された後トップドラマーへの道を駆け上がり続ける横山和明、ベースにはベテランから若手までの信頼厚く、山中千尋(p)の国内ツアーにも帯同するなど全国区での活躍をみせる清水昭好が参加。


          「哀愁とガッツ」の寺島レコードの、楽曲はもちろんのこと、本邦気鋭との融合にも注目が集まるデビュー作となった。


           


          メンバー:


          皆川太一 (g)  Taichi Minagawa


          杉本匡教 (ts)  Masanori Sugimoto


          清水昭好 (b)  Akiyoshi Shimizu


          横山和明 (ds)  Kazuaki Yokoyama


           


          録音:2016年1月14日


          横浜ランドマークスタジオにて


          (2016年リリースインフォより)



          お問合せ・ご注文はこちら
           ディスクユニオンJazzTOKYO
           〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル2F
           tel : 03-3294-2648
           JazzTOKYO買取センター : 0120-620-567 ※携帯電話からは03-3294-2648
           mail : do12@diskunion.co.jp
           営業時間 : 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
          03-3294-2648
          通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
          ディスクユニオンJazzTOKYO
          〒101-0062
          東京都千代田区神田駿河台2-1-45
          ニュー駿河台ビル2F
          地図はこちら

          tel : 03-3294-2648
          買取専用tel : 0120-620-567
          (携帯からは03-3294-2648)
          mail: do12@diskunion.co.jp
          営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
          ブログ掲載品についてのご注意
          ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。