●PEDRO MIRANDA / PIMENTEIRA / FONOMATIC / BRA / CD / PM001 / 7898369068457 / 2,000円+税 

CD(4) 

商品レビュー


来日決定!サンバ・ノヴァ・シーンの中心的女性シンガー、テレーザ・クリスチーナ専属のショーロ・ユニット「グルーポ・セメンチ」のリーダー、ペドロ・ミランダ(ギター/ヴォーカル)。

2018年6月ペドロ・ミランダ来日情報はこちらから!
http://diskunion.net/latin/ct/news/article/1/73470

ソロ名義では3年ぶりとなる2NDアルバムである。DVDでも話題となったショーロ映画「ブラジレイリーニョ」への出演や、バンドリン奏者ペドロ・アモーリンらとコラボレートするなど、1stリリース以降も着実にサンバ・カリオカとしてのキャリアを積んできたペドロ。その真価が問われる2作目でも、そのメロディアスなブラジリダージが凝縮。
 ネルソン・カヴァキーニョ、エルトン・メディロス、ネイ・ロペス、パウロ・セーザル・ピニェイロ、ウィルソン・ダス・ネヴィスらの大御所のレパートリーから、エドゥ・クリーゲル、モイゼイス・マルケスほか、今を彩るサンバ作家のレパートリーもチョイス。経験豊富なガット・ギター奏者ルイス・フェリッペ・ヂ・リマを迎えたショーロ弦楽アンサンブルとペドロの味わい系ヴォーカルが絶妙な風情を醸し出している。
軽めのホーンとの掛け合いでソロを取りながら進行する冒頭曲"Hello my girl"「唐辛子」の意味を持つアルバム表題曲”Pimenteira”、伴奏にハモンド・オルガンを加えて北東部舞踊エンボラーダを披露する”Meio-Tom”、ゼ・ダ・ヴェーリャ&シルヴェリオ・ポンチスを迎えた「ガフィエラ」(サロン風)サンバを聴かせる”Compadre Bento”の優雅なバチーダなど、曲毎に最良のアレンジが施され、輝きを放つ。洒脱で粋なリオのバール(カフェ/バー)的な雰囲気が存分に楽しめる作品は、興隆きわまるサンバノヴァ・シーンを眺めてもトップ・クラスの1枚。リオの下町に自然と馴染むサンバの心意気を直に感じるほどに、心洗われるかの如し。

myspaceはこちらから♪




お問合せ・ご注文はこちら
 ディスクユニオンJazzTOKYO
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル2F
 tel : 03-3294-2648
 JazzTOKYO買取センター : 0120-620-567 ※携帯電話からは03-3294-2648
 mail : do12@diskunion.co.jp
 営業時間 : 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。