●ROMAN FILIU / QUARTERIA / SUNNYSIDE / US / CD / SSC1504 / 0016728150422 / 2,100円+税

CD(4) 

商品レビュー

◆イラケレのメンバーとしても活躍。キューバ出身のRomán Filiú は、アルフレッド・ロドリゲスの2作目『The Invasion Parade』や、パキート・デリベラのサックス・アンサンブル作品『Kites Over Havana』などのキューバン・ジャズ作品にも参加、現在NY を拠点に活動するサックス奏者/ 作曲家である。
◆曲により最大7 人編成となる。メンバーには、アントニオ・サンチェスやグレッグ・オズビーなどと共演するマット・ブリューワー(b)、グレン・ザレスキーやベン・ヴァン・ゲルダーなどNYの次世代を担うミュージシャンと共演する若手クレイグ・ウェインリブ(ds)、Criss CrossやSunnysideからもリリースのあるダイナ・ステファンスや、ECMからも作品を出しているラルフ・アレッシ(tp)やDavid Virelles(p) なども参加。
◆今作は、FiliúがNYの重要ジャズ拠点“ジャズ・ギャラリー”からの依頼を受けて作曲したもの。彼の目標は、様々なミュージシャンのグループが演奏する多種多様な音楽スタイルが含まれる組曲を創ることであった。
◆複雑なリズムや対位法的メロディが絡み合う緻密なコンポジションの中に、自由なスペースも多く、そこではハイレベルな即興が繰り広げられる。“Fulcanelli”はスティーヴ・コールマンの影響が伺えるM-BASE 的な楽曲。また現代音楽の作曲家オリヴィエ・メシアンの影響を受けたという“Grass”や“Danza #1”“Danza #3”など、ジャズだけでなく様々な音楽を吸収している。全編に渡りダークでシリアスなサウンドだが、様々なアイディア、計算、即興が入り混じり、聴く方も気を抜けない情報の詰まった内容だ。ルーツであるキューバンなリズムを少し残しつつも、NY 的なコンテンポラリー・ジャズとなっている。 <サプライヤーインフォより>

メンバー:
Román Filiú (as)
Ralph Alessi (tp)
Dayna Stephens (ts)
Maria Grand (ts 10,11)
David Virelles (p)
Matt Brewer (b)
Craig Weinrib (ds)
Yusnier Sánchez (perc)




お問合せ・ご注文はこちら
 ディスクユニオンJazzTOKYO
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル2F
 tel : 03-3294-2648
 JazzTOKYO買取センター : 0120-620-567 ※携帯電話からは03-3294-2648
 mail : do12@diskunion.co.jp
 営業時間 : 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。