●ANTHONY BRAXTON / Quintet (Basel) 1977 / HATOLOGY / SUI / CD / HATO676 / 0752156067627 / 2,400円+税


CD(4) 

商品レビュー


※ペーパースリーヴ

77年ブラクストンのスイス・バーゼル録音!リプレス!!!


★1960年代末からヨーロッパ各地を転戦していたアンソニー・ブラクストンは、72年に一旦帰米したものの、翌年には再び渡欧し、米国と行ったり来たりの生活を続けます。そんな彼が自らのレギュラー・グループというものを初めて持ったのは73年の末頃で、ケニー・ウィーラーを加えたクァルテット編成でした。しかしウィーラーは76年にブラクストンの下を去り、代わりにトロンボーンのジョージ・ルイスが加わります。ルイスとのコンビは77年までしか続きませんでしたが、ふたりの相性はすこぶる良く、いくつもの優れたアルバムを残しました。
★これは77年にスイスのバーゼルで録音された作品で、ベースとドラムズは前年のデイヴ・ホランド~バリー・アルトシュルからマーク・ヒライアス~チャールズ・“ボボ”・ショーというコンビに交代していますが、ここではAACMの重鎮リチャード・エイブラムズが加わったクインテットによるパワフルでエッジの鋭い演奏を聴くことができます。
★やはりシカゴでAACMに加わっていたブラクストンはデビュー時からエイブラムズとしばしば共演してきましたが、この時点ではリーダーとして自らの音楽、すなわち抽象度が高く、それでいて感情豊かな音楽をはっきりと前面に押し出して推進させています。
★ルー・ドナルドソンに捧げたComposition 40Bなどに聴かれる“アトーナルなビ・バップ”から“構成されたフリー・ジャズ”まで、5によるテンションの高い演奏は全編スリルいっぱいです。


メンバー:Anthony Braxton(as, ss, cl), George Lewis(tb), Muhal Richard Abrams(p),
Mark Helias(b), Charles “Bobo” Shaw(ds)

(メーカーインフォより)





ソングリスト

  • 1. Composition 69 J 16:25
  • 2. Composition 69 N/G 26:02
  • 3. Composition 69 M 12:52
  • 4. Composition 40 B 18:16

お問合せ・ご注文はこちら
 ディスクユニオンJazzTOKYO
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル2F
 tel : 03-3294-2648
 JazzTOKYO買取センター : 0120-620-567 ※携帯電話からは03-3294-2648
 mail : do12@diskunion.co.jp
 営業時間 : 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。