「enja オリジナル・アルバムズ・ストレイト・リイッシュー・シリーズ」の画像検索結果

1971年にドイツのミュンヘンで産声をあげたジャズ・レーベル、ENJA。European New Jazz の文字を取って名付けられたレーベルは、ホルスト・ウェーバーとマティアス・ウィンケルマンという2人の若者の情熱によって立ち上げられた。当時ヨーロッパには多数のアメリカ人ジャズ・ミュージシャンが活動の拠点として移住しており、「レフト・アローン」の作者として知られる名ピアニスト、マル・ウォルドロンもドイツを拠点に活動していた。そのマル・ウォルドロンのアルバムを自分達の手で作りたいと考えたホルストとマティアスは手探りでレーベルを立ち上げ、念願叶って1971年にマル・ウォルドロンの『ブラック・グローリー』というENJAにとって初めての作品が誕生した。ホルストとマティアスは元々日本と関わりがあった人物で、日本のミュージシャンを当時から高く評価しており、日野皓正や山下洋輔、坂田明、佐藤允彦ら日本を代表するミュージシャン達の作品も積極的に録音している。また、1970年代後半にトミー・フラナガンやエルヴィン・ジョーンズら多くのヒット作を生み出し、ベニー・ウォレスやケヴィン・マホガニーらENJAから巣立って行ったスター・ミュージシャンも数多い。1990年代に入り、当時録音機会に恵まれなかったダスコ・ゴイコヴィッチの新作をリリースし、哀愁のトラッペッターとして日本で爆発的な人気を博したきっかけを作ったのもENJA。近年はワールド・ミュージックにも力を入れ、ジャズとワールド・ミュージックのクロスオーヴァー作品を次々とヒットさせている他、次世代を担う若手ジャズ・ミュージシャンに録音の機会を与え常に創業当時のフレッシュな感性を保ち続けるドイツを代表するレーベル。


■完全限定生産品
■最新リマスター
■日本語解説
■ボーナストラック付
■1,000円+税(2CDのCDSOL6624のみ1,500円+税です)
●トミー・フラナガン / コンファメーション / CDSOL6623
トミフラの愛称で親しまれたトミー・フラナガンが1978年にエルヴィン・ジョーンズとジョージ・ムラーツという最高のリズムと共にトリオで録音したスウィンギーなスタンダード作品集!1978年録音

●日野皓正 / タローズ・ムード (2CD) / CDSOL6624
稀代のスタイリスト、日野皓正が世界へ進出して行く足がかりとなった西ドイツでの白熱のライヴ!名曲「アローン・アローン・アンド・アローン」やLP未収録「星影のステラ」などを収録した70年代日野皓正の魅力がたっぷり詰まった伝説のアルバム!1973年録音
●ケニー・バロン / スクラッチ / CDSOL6625
人気ピアニスト、ケニー・バロンが1985年にベースのデイヴ・ホランド、ドラムのダニエル・ユメールというヨーロッパ出身リズム隊と組んで制作した80年代ピアノ・トリオ大傑作!1985年録音

●ハル・ギャルパー / アイヴォリー・フォレスト / CDSOL6626
ハル・ギャルパーが1979年に録音した隠れ名盤!当時まだ新人だったギタリスト、ジョン・スコフィールドを従えハルの洗練されたピアニズムが冴え渡る!ジョンスコの若さ溢れるプレイも最高!1979年録音
●ベニー・ウォレス / ミスティック・ブリッジ / CDSOL6627
豪快なブロウが人気の現代のテナー・タイタン、ベニー・ウォレスが1982年にチック・コリアを迎え制作したカルテットでの録音作品!ウォレスのブロウに対抗するかのようにアグレッシヴにピアノを奏でるチック・コリアが素晴らしい!1982年録音
●チェット・ベイカー / ピース / CDSOL6628
デヴィッド・フリードマンのヴィブラフォン・サウンドの中を浮遊する甘く柔らかなトランペットが魅力の後期チェット・ベイカー代表作! ホレス・シルヴァーの名曲を甘く深く奏でるバラード演奏はチェット・ベイカーの真骨頂!1982年録音
●ペッパー・アダムス / トゥエルフス・アンド・ピングリー / CDSOL6629
キレ味鋭いプレイが魅力のバリトン奏者ペッパー・アダムスが、1975年に西ドイツのクラブ“ドミシル”でサド・メル・ビッグバンドの同僚ウォルター・ノリス、ジョージ・ムラーツらを従え行ったスウィンギーなライヴ・アルバム!1975年録音
●ボブ・ディーゲン / セコイア・ソング / CDSOL6630
ドイツを中心に活躍するいぶし銀アメリカ人ピアニスト、ボブ・ディーゲンの出世作かつ1970年代産ピアノ・トリオ隠れた名作! イズラ・エッキンガー、マカヤ・ンショコとのトリオは耽美的な独特のドイツ・サウンド!1976年録音
●チャールズ・トリヴァー / インパクト / CDSOL6631
1970年代に絶頂期を迎えたトランペット奏者チャールズ・トリヴァーが、盟友スタンリー・カウエルと共に西ドイツのクラブ“ドミシル”に出演した際に録音されたスピリチュアルでスリリングなライヴ作品!1972年録音
●エリック・ドルフィー / ストックホルム・セッション / CDSOL6632
天才エリック・ドルフィーが1961年北欧ツアー中にスウェーデンのストックホルムで現地ミュージシャン達と録音した絶頂期のスタジオ録音盤!物悲しいトーンで奏でる「レフト・アローン」は数あるカバーの中でも特に秀逸!1961年録音
●ジェニー・エヴァンス / ガール・トーク / CDSOL6633
Enjaが育てた人気ジャズ・ディーバ、ジェニー・エヴァンス!デビュー作ではダスコ・ゴイコヴィッチのサポートでスタンダードを小粋に唄ったが、本作ではジェニーのレギュラー・トリオがバックを務め愛らしいスタンダードをゴキゲンに唄う!1999年録音
●ジェニー・エヴァンス / ゴナ・ゴー・フィッシング / CDSOL6634
イギリス出身ミュンヘンで活躍する歌姫ジェニー・エヴァンスが日本でも人気の高いピアニスト、ウォルター・ラングを従え臨んだライヴ作品!ピーター・オマラのギターも冴えるジェニーのライヴ作品!2000年録音
●メリッサ・ウォーカー / アイ・ソウ・ザ・スカイ / CDSOL6635
1990年代のEnjaを代表する歌姫の一人メリッサ・ウォーカー!プロデュースはドラムのクラレンス・ペンで、ケニー・バロン、小曽根真ら最強のピアニスト達を従え揚々と唄うメリッサの魅力が詰まった一枚!2000年録音
●ベニー・ウォレス / ディスオーダー・アット・ジ・ボーダー~ザ・ミュージック・オブ・コールマン・ホーキンス / CDSOL6636
豪放爆裂ブロウで人気のベニー・ウォレスがジャズ・サックスの始祖コールマン・ホーキンス生誕100周年を記念しホークに捧げ演奏したライヴ作品!腕利きミュージシャン達による白熱のライヴは鳥肌モノ!2004年録音
●チャーリー・マリアーノ / シルヴァー・ブルー / CDSOL6637
アルト名手チャーリー・マリアーノが円熟を通り越し達観の境地にあった83歳当時のバラード集!スイス人人気ピアニストのジャン・ピアニスト・ショレが好サポートをした美しくも温かいスタンダード作品集!2006年録音
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。