●AFFONSINHO / CERTEZA? / INDEPENDENTE / BRA / CD / INTERIOR / 7898943843166 / 1,900円+税 

CD(4) 

商品レビュー


ミルトン・ナシメント、ロー・ボルジェス、フラヴィオ・ヴェントゥリーニ以降におけるミナス・シーン最高のメロディー・メーカー/シンガー、アフォンシーニョの2017年ニュー・リリース。

ミナス・サウンドの特徴ともいえる美しいメロディのポップ・サウンドを、いま最も体現するSSWがこのアフォンシーニョである。1960年生まれ、ミルトンらクルビ・ダ・エスキーナ世代の一世代下ともいえるアフォンシーニョだが、ミルトンらと同じくビートルズに多大な影響を受けつつも、ミナスの風土に根ざしたソングライティングの才を発揮。若かりし頃にはUSバークレー大学でジャズを学ぶなど、90年代以降、ミナス音楽の良心を受け継ぎ未来へと発展させてきた張本人とも言えるだろう。最新作となる本作はそんな多様なリファレンスを見せつつ、彼の本分であるミナスらしいエバーグリーンなメロディが溢れるシンプルなポップロック作品となった。

女性歌手リヴィア・イタボライーを迎えた表題曲#1に始まり、スロウな8ビートで聴かせる#2、ロー・ボルジェスを連想させる#3、ギターとスキャットがハミングして行く#5、先行で公開されていた#7、ミナスらしいマジカルな展開にグッと心惹かれるラストの名曲#11まで...。プロデューサー/アレンジャーしてクレジットされているフレデリコ・エリオドロは、アフォンシーニョの実の息子にしてカート・ローゼンウィンケルの『カイピ』ツアーバンドのベーシストでもある。家族でありながら世界的な活躍を見せる新世代との積極的なコラボレーションにより、作曲だけでなくアレンジ、トーンに至るまで、全てが研ぎ澄まされたサウンドは、これまでのアフォンシーニョの魅力をさらに一歩推し進めたと言えるだろう。本当に素晴らしい。

ミナス的ソングライティングの魅力をさらに洗練させ進化させたアフォンシーニョの最新作。ミナス音楽ファンのみならず全ての良質ポップス・ファンに聴いてもらいたい逸品の誕生である。

*Band:
Affonsinho Heliodoro (vo/guitar)
Frederico Heliodoro (produce/arrange/bass/keyboard/piano/keyboard/back vocal)
Felipe Continentino (drums/precussion)
Marcelinho Guerra (guitar/engineer) 

*guest vocals:
Livia Itaborahy / Iris Ramadas / Mariana Nunes / Rafael Dias / Paulinha Bicalho





お問合せ・ご注文はこちら
 ディスクユニオンJazzTOKYO
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル2F
 tel : 03-3294-2648
 JazzTOKYO買取センター : 0120-620-567 ※携帯電話からは03-3294-2648
 mail : do12@diskunion.co.jp
 営業時間 : 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。