●HANS LUDEMANN / DESERT PULSE / INTUITION / UK / CD / INT3446 / 0750447344624 / 2,100円+税


CD(4) 

商品レビュー


◆Hans Lüdemannは1961年生まれ、ドイツのハンブルク出身のピアニスト。自己のトリオでは、アントニオ・ファラオのバンドで脚光を浴びたドラマー、デジャン・テルジクが参加している。また、ポール・ブレイとのデュオ・アルバムをリリースするなど。


◆Hansは、1999年、西アフリカへの旅行の際に、コートジボワールでバラフォン・プレーヤーのAly Keitaと出会った。彼らは音楽的にも意気投合し、ジャズと西アフリカの音楽の関係を探求する“Trio Ivoire”を結成した(コートジボワールのフランス語表記“Côte d’Ivoire”から)。今作は、同トリオで5作目となる。4作目、『Timbuktu』は、Jazz Tokyo“このCD2014海外編”に選ばれた。


◇バラフォンとは、マリンバの原型とも言われている、西アフリカで使われる木琴で、共鳴管が金属ではなくひょうたん。また、それに薄い膜を張り、打撃音の他にビンビンとした音が鳴るのが特徴(ないものもある)。


◇今作は、曲によりゲストとしてトランペットと、コラ(西アフリカ発祥のリュート型撥弦楽器)が加わる。


◆バラフォンの温かみのある木の音がなんとも心地よい。全体的に調性感もリズムもしっかりしているのは、バラフォンの特性に合わせてか。コラ共々、西洋楽器と違和感なくマッチしているのは、コンポジションにも工夫があるのだろう。


◆アフリカ、ジャズ、ヨーロッパの橋渡しをする音楽だ。


(メーカーインフォメーションより)



■Trio Ivoire: Hans Ludemann(p), Aly Keita(balaphone), Christian Thome(ds, perc)


Guest: Reiner Winterschladen(tp), Ballake Sissoko(kora)


ソングリスト

  • 1 Heartbeats   06:42
  • 2 Crum   11:55
  • 3 Timbuktu   08:29
  • 4 Maloya   06:24
  • 5 Le Destin   09:10
  • 6 Djonkoloni Kolonia   05:35
  • 7 Hombori   09:59
  • 8 Love confessions   07:22
  • 9 Run   05:23
  • 10 Wenn du weite Wege gehst   06:48

お問合せ・ご注文はこちら
 ディスクユニオンJazzTOKYO
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル2F
 tel : 03-3294-2648
 JazzTOKYO買取センター : 0120-620-567 ※携帯電話からは03-3294-2648
 mail : do12@diskunion.co.jp
 営業時間 : 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。