●VECTOR FAMILIES / FOR THOSE ABOUT TO JAZZ/ROCK WE SALUTE YOU / SUNNYSIDE / US / CD / SSC1488 / 0016728148825 / 2,100円+税


CD(4) 

商品レビュー


◆多様な音楽シーンを持つミネアポリスとセントポール。この2つの都市に所縁のある、3世代の先進的なミュージシャン4人が、デヴィッド・キングを中心に集結したのがVector Familiesである。


◆バッド・プラスのメンバーとしても知られ、ジャンル問わず活動する、中堅デヴィッド・キング(ds)。ジョー・ロヴァーノやジョンスコなど、なだたる名手と共演するベテランのアンソニー・コックス(b)。ジャズのみならずブルース、ロック、カントリー、ウェスタン、またエレクトロにも精通する、同じくベテランのDean Granros(g)。ストレート・アヘッドを得意としながらもフリーでも絶妙なバランス感覚を持つ、若手Brandon Wozniak(sax)だ。


◆キングにとって、このグループを結成することは夢であった。そして、より定期的に活動し、ニューヨークタイムズから賞賛された2016 Winter Jazz Festをはじめ、評判を生んだ。つまり、それをうけて、このレコーディングに臨んだのは当然といえる。


◆キング自身は、オーネット・コールマンのプライム・タイムがバット・ブレインズのようなパンク・バンドに(ぺル・ウブのポスト・ロック要素も少し足して)出会ったようなサウンドをなぞらえているそう。


◆曲はほぼ完全即興。1曲目“Free Funk”はタイトル通り、強烈なファンク・ビートを軸にフリーに展開していく。2曲目“Duetz Duetz”は、コックスとGranros、GranrosとWozni ak、そしてWozni akとキングの、3つのデュオからなり、ここでコックスはチェロを披露。3曲目“Sati n Doll ”はストレートに演奏されるはずもなく、即興の中でメロディだけ浮かび上がるような扱いだ。ピアノと思われる音は、GranrosのMi diギターによるもの。オーネット・コールマン作曲の5曲目“Dee Dee”は、メロディ自体は中盤に出てくるだけだが、このメロディにインスパイアされた即興に展開していくのだから面白い。



メンバー:


Vector Families is: Anthony Cox(b, cello),Dean Granros(g, midi g),


David King(ds, perc), Brandon Wozniak(sax)

(メーカーインフォより)


ソングリスト

  • 1. Free Funk! (Vector Families)
  • 2. Duetz Duetz (Vector Families)
  • 3. Satin Doll (Duke Ellington, Billy Strayhorn)
  • 4. 10,000-year-old Rotary Club (Vector Families)
  • 5. Dee Dee (Ornette Coleman)
  • 6. African Dictaphone (Vector Families)

お問合せ・ご注文はこちら
 ディスクユニオンJazzTOKYO
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル2F
 tel : 03-3294-2648
 JazzTOKYO買取センター : 0120-620-567 ※携帯電話からは03-3294-2648
 mail : do12@diskunion.co.jp
 営業時間 : 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。