●ギャビー・ヘルナンデス / スウィート・スターリー・ナイト / DISUQUES CORDE / CD / 2,300円

JZ110627-09.jpg

Build An Arkの設立メンバーである女性ヴォーカリスト、ギャビー・ヘルナンデスが、カルロス・ニーニョのプロデュースのもとにLife Force Trioを従えて待望の新作アルバムをリリース! ジャイルス・ピーターソンにも絶賛された前作『When Love』を上回るスケールの大きな作品。日本オリジナル企画、世界配信作!

 ■ オーガニックなギャビーのヴォーカルを、緻密で美しいサウンド・デザインが包み込んだ。「官能的でテクスチャーを重視したサウンド、実験的ソウル、子守歌のようなフォーク、スピリチュアルなチャント、そしてクラシックなカリフォルニア・グルーヴがシームレスに降り混ざっている」(カルロス・ニーニョ)
■ ギャビーは、カリフォルニア州立大学で音楽の学位を修得後、LAを拠点にするアフロキューバン/フォークロア・グループのメンバーとなり、ルンバやスークース(コンゴのダンス音楽)を歌い、チェケレなどのパーカッション楽器の演奏や、ダンスもこなす。音楽的造形が深く、勉強熱心な彼女は、自分の音楽と歌詞に、幅広いスピリチュアル、文化的知識を注入している。
■『Sweet Starry Night』は、オペラからポップス、フォークロアからエクスペリメンタルなど幅広い音楽を吸収してきた彼女の魅力的な音楽性を余すことなく伝えるアルバムに仕上がった。ヴォーカル・アルバムであるが、アンビエントとしても、ジャズとしても、エレクトロニカとしても聴くことができる開かれた作品。
■ 前作『When Love』はジャイルス・ピーターソンからも絶賛され、Alpha Pupからリリースしたカルロスとの合作『LA VOZ SABIA DE LOS COSMOS』は、「Top 25 Songs of 2007」にランクインし、彼のラジオ番組「Worldwide」でもヘビーローテーションされた(このアルバムの一部がAll City 10インチシリーズとしてもリリースされた)。
■ 同時発売のビルド・アン・アークのアルバム『The Stars Are Singing Too』にもギャビーはヴォーカリストとして参加。また、これまで、Dimlite『THIS ISEMBRACING』 (Sonar Kollectiv)やTeebs『ARDOUR』 (Brainfeeder)にフィーチャーされたほか、新しい「Red Hot + Rio」のコンピにも参加予定。
■ オゾマトリのバイオリン奏者テイラナ・エノモトをはじめとした多彩なバックボーンのミュージシャンが多数参加のほか、重要なミックスの作業を担当したのは、ベンジャミン・ティアニー(「Timeless」、ミゲル・アットウッド・ファーガソン、ビラル) 
 

03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。