STEEPLE CHASE創設45周年記念
「45th Anniversary LEGEND COLLETION」第二期が発売決定!
ディスクユニオン・オリジナル特典も決定!


24bitデジタルリマスタリング 
完全限定盤 
各1,500円+税

監修:塙耕記 コメント:原田和典 解説:津下佳子

第1期2017年4月19日発売25タイトル
第2期2017年7月5日発売25タイトル
第3期2017年9月20日発売25タイトル
第4期2017年11月22日発売25タイトル
全100タイトル

「1970年代のブルーノート」とも言われるデンマークの老舗レーベル・STEEPLE CHASE。
その言葉の通り、Chet Baker, Paul Bley, Kenny Drew, Stan Getz, Dexter Gordon,Duke Jordan, Archie Shepp など数々の名ジャズメン達が名盤を吹き込んできました。
2017年はSTEEPLE CHASE創設45周年のアニバーサリーイヤー。
今回、「45th Anniversary LEGEND COLLETION」としてSTEEPLE CHASEの名盤の数々を最新デジタルリマスタリングを施し、1枚1500円+税というお求めやすい価格でお届け致します。
発売タイトル数はなんと驚愕の100タイトル!!第1期から第4期まで各25タイトルずつ発売致します。
そして、原田和典、津下佳子、両氏によるコメント・解説付きという聴いて良し、読んで良しのシリーズとなっております。
是非この機会にSTEEPLE CHASEの名盤の数々をご堪能ください!
完全限定盤の為ご予約・お求めはお早めに!

※画像クリックで拡大してご覧いただけます。


【ディスクユニオン・オリジナル特典】
■各期ごと、10タイトルお買い上げで、
70年代、スティープルチェイス社がクリスマス・シーズンに関係者に配布した7インチ・シングル盤の音源を収録したCDをプレゼント!

特典は無くなりしだい終了となります。


▼▼▼7月5日発売第2期25タイトルはこちら!▼▼▼



魂のテナー・サックス奏者、ビリー・ハーパーが韓国・釜山で完全燃焼。十八番「クロケット・バレー」の再演からジョン・コルトレーンの「カウントダウン」のカヴァーまで、多彩なレパートリーも魅力。

ワシントンDCきっての“ボス・テナー”、バック・ヒルの快作。大半のレパートリーを自身のオリジナル曲でまとめ、ヒル流ハード・バップをたっぷり披露。ケニー・バロンのピアノもこよなく美しい。

若きボブ・バーグを含むシダー・ウォルトン・カルテットによる、ジャズ・クラブ「モンマルトル」ライヴ第1集。「ホーリー・ランド」から「オホス・デ・ロホ」にいたるウォルトン・オリジナル三連発が圧巻。

50年代の米国ジャズ界を彩ったチェット・ベイカーとデューク・ジョーダンが、79年に北欧で制作した初共演アルバム。ジョーダンの書いた名曲の数々が、繊細かつ優美なトランペットで綴られる。

チェット・ベイカー約5年ぶりのスティープルチェイス復帰作は、鬼才ピアノ奏者ポール・ブレイと綴るデュオローグ。音数を極限までそぎ落としながら、限りなく美しい“音の対話”を繰り広げる。

サックス奏者/プロデューサーとして数々の名盤を残すジョーダンが、あの『イン・ザ・ワールド』から約6年後に残した後期の代表作。プロレスラー、ベアキャット・ライトに捧げた「ベアキャット」収録。

ヨーロッパに渡ってから約2年後のデクスターを記録した、ラジオ放送用のライヴ音源を作品化。生涯の代表曲「チーズ・ケーキ」以下、魅力的なナンバーが時間をたっぷりかけて演奏される。

64年、ラジオ放送用に収録されたデクスターのクラブ・ギグを作品化。若きテテ・モントリューやニールス・ペデルセンを従えて、おおらかなテナー・サックス・プレイを存分に披露している。

『サークル・ワルツ』でジャズ史に名を刻むピアニスト、フリードマンが90年代に残した傑作。「ワルツ・フォー・マリリン」等の自作からジョニー・マンデルの「エミリー」まで、美しい旋律が並ぶ。

パット・マルティーノのカヴァー「リーン・イヤーズ」に、すべてのギター好きがノックアウトされること間違いなし。フュージョン全盛期に登場したモダン・ジャズ・ギターの雄、ダグのセカンド・アルバム。

『フライト・トゥ・デンマーク』と同じセッションで構成された、もう一枚の名盤。有名オリジナル曲「ジョードゥ」からスタンダード・ナンバー「エンブレイサブル・ユー」まで、入魂のプレイばかり。

『ヘヴィー・メタル・ビ・バップ』とほぼ同時期のブレッカー・ブラザーズが気を吐く、アコースティック・ジャズの隠れ名盤。リーダーのギャルパーもマッコイ・タイナー流のピアノ・タッチで熱演。

『ヘヴィー・メタル・ビ・バップ』とほぼ同時期のブレッカー・ブラザーズが気を吐く、アコースティック・ジャズの隠れ名盤。リーダーのギャルパーもマッコイ・タイナー流のピアノ・タッチで熱演。

60年代ブルーノートの花形ピアニストが、新天地コペンハーゲンで放った会心作。生涯を代表するオリジナル曲「アライヴァル」を筆頭に、パーラン流ハード・バップの醍醐味をいかんなく伝える。

カムバックの翌年、ますます絶好調に磨きをかけるマクリーンの姿を捉えたライヴ盤。哀感のこもったメロディと独特のサックスの音色が見事に融合したタイトル曲を聴かずに彼を語れない。

40年代にチャーリー・パーカーやレスター・ヤングのバンドで演奏した伝説のピアニスト、オーバニーの本格的カムバックを告げた作品。バップの名曲からスタンダードまで、縦横無尽なプレイを披露。

チャーリー・パーカーとの共演や自身のバンド“ジャズ・プロフェッツ”で知られる名手が、北欧で行なったジャム・セッション。ロルフ・エリクソンと共に、ハード・バップ・トランペットの真髄を聴かせる。

ブルーノート盤『アンダーカレント』以来、13年ぶりとなるドリューのリーダー作。新天地ヨーロッパでの盟友、ニールス・ペデルセンをパートナーに迎え、リリカルでインティメイトな対話を繰り広げる。

伝説のマイルス・デイヴィス・ノネットから約25年、その元メンバーであるコニッツが意気込みも新たに結成したノネットの代表作。「フットプリンツ」を筆頭に、分厚いアンサンブルを生かした快演ばかり。

ホレス・シルヴァーやキャノンボール・アダレイを支えたドラムスの名手が、チャールズ・トリヴァーを含む自身のバンドで録音した一枚。シルヴァー時代の名曲「エンチャントメント」の再演も話題。

サム・ジョーンズとニールス・ペデルセン。オスカー・ピーターソンとも深い縁のある2大ベーシストが、世代や国籍を超えて繰り広げた貴重な“協演”アルバム。ベースの持つ幅広い世界を体感できる。

ゲイリー・ピーコックやスティーヴ・スワロウ等、数々の達人ベーシストと共演してきたポール・ブレイが、北欧の名手イエスパー・ルンゴーと組んだライヴ第2弾。前作より一層スウィンギーな内容。

テナー・サックスの巨星、スタン・ゲッツがコペンハーゲンの名門クラブで熱演。ニールス・ペデルセンを含む強力なグループを率いて、ミルトン・ナシメント「塩の歌」など異色のレパートリーを届ける。

アメリカ・ジャズ界を代表するテナー・サックス奏者、ゲッツが縁の深い北欧で開催したクラブ・ギグの第2集。ウェイン・ショーターのオリジナル曲2曲をはじめとする選曲も魅力たっぷり。

スペイン出身のテテ、デンマーク出身のペデルセン、アメリカ出身のヒースが一体となってスウィングする。ジョン・コルトレーンの難曲「ジャイアント・ステップス」の超高速カヴァーも収録。

ますます熱の入ったパフォーマンスが楽しめる、ウォルトン・カルテットのライヴ第2集。ジョン・コルトレーンの有名曲「ブルー・トレイン」におけるボブ・バーグのサックス・ブロウが熱い。
 



関連ニュース
【オリジナル特典】STEEPLE CHASE創設45周年記念「45th Anniversary LEGEND COLLETION」始動!第1期が発売!
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。