●STEEPLE CHASE創設45周年記念「45th Anniversary LEGEND COLLETION」始動!

【ディスクユニオン・オリジナル特典】
■各期ごと、10タイトルお買い上げで、70年代にスティープルチェイス社が
クリスマス・シーズンに関係者に配布した7インチ・シングル盤の音源を収録したCDをプレゼント!
※特典は無くなりしだい終了となります。



■24bitデジタルリマスタリング 
完全限定盤 
各1,500円+税


監修:塙耕記 コメント:原田和典 解説:津下佳子


第1期2017年4月19日発売25タイトル
第2期2017年7月5日発売25タイトル
第3期2017年9月20日発売25タイトル
第4期2017年11月22日発売25タイトル
全100タイトル


「1970年代のブルーノート」とも言われるデンマークの老舗レーベル・STEEPLE CHASE。
その言葉の通り、Chet Baker, Paul Bley, Kenny Drew, Stan Getz, Dexter Gordon,Duke Jordan, Archie Shepp など数々の名ジャズメン達が名盤を吹き込んできました。
2017年はSTEEPLE CHASE創設45周年のアニバーサリーイヤー。
今回、「45th Anniversary LEGEND COLLETION」としてSTEEPLE CHASEの名盤の数々を最新デジタルリマスタリングを施し、1枚1500円+税というお求めやすい価格でお届け致します。
発売タイトル数はなんと驚愕の100タイトル!!第1期から第4期まで各25タイトルずつ発売致します。
そして、原田和典、津下佳子、両氏によるコメント・解説付きという聴いて良し、読んで良しのシリーズとなっております。
是非この機会にSTEEPLE CHASEの名盤の数々をご堪能ください!
完全限定盤の為ご予約・お求めはお早めに!


※画像をクリックで拡大してご覧いただけます。


▼▼▼4月19日発売第1期25タイトルはこちら!▼▼▼


BILLY HARPER / ビリー・ハーパー / Destiny Is Yours  / デスティニー・イズ・ユアーズ●BILLY HARPER ビリー・ハーパーDestiny Is Yours / デスティニー・イズ・ユアーズ


スピリチュアル・ジャズの代名詞、ビリー・ハーパーのスティープルチェイス第1弾。ハービー・ハンコックとの共演で知られるエディ・ヘンダーソンを迎え、ハードボイルドこのうえないプレイを聴かせる。

BUD POWELL / バド・パウエル / At The Golden Circle Volume 1 / アット・ザ・ゴールデン・サークル Vol.1●BUD POWELL バド・パウエル

At The Golden Circle Volume 1 / アット・ザ・ゴールデン・サークル Vol.1

ジャズ・ピアノの流れを刷新した革命児、バド・パウエルがヨーロッパ滞在時代に残した貴重なライヴ。盟友セロニアス・モンクの楽曲「ハッケンサック」を筆頭に、テンションの高いプレイが続く。

BUD POWELL / バド・パウエル / At The Golden Circle Volume 2 / アット・ザ・ゴールデン・サークル Vol.2●BUD POWELL バド・パウエル

At The Golden Circle Volume 2 / アット・ザ・ゴールデン・サークル Vol.2

“モダン・ジャズ・ピアノの父”、バド・パウエル会心のスウェーデン・ライヴ。「ブルース・イン・ザ・クローゼット」等の定番ナンバーを、晩年にしては驚くほど好調なタッチで繰り広げている。

BUD POWELL / バド・パウエル / At The Golden Circle Volume 3 / アット・ザ・ゴールデン・サークル Vol.3●BUD POWELL バド・パウエル

At The Golden Circle Volume 3 / アット・ザ・ゴールデン・サークル Vol.3

乗りに乗るパウエルを捉えた、ゴールデン・サークル・ライヴの第3弾。フレーズがあふれ出す長尺「スウェディッシュ・ペイストリー」、超スロー・テンポ「アイ・リメンバー・クリフォード」等を収録。


BUD POWELL / バド・パウエル / At The Golden Circle Volume 4 / アット・ザ・ゴールデン・サークル Vol.4●BUD POWELL バド・パウエル

At The Golden Circle Volume 4 / アット・ザ・ゴールデン・サークル Vol.4

あらゆる後進ジャズ・ピアニストに影響を与えたといっても過言ではない偉才パウエルが、他界する4年前に残した発掘音源。晩年の代表的自作「ジョンズ・アビー」など計6曲を快演する。


BUD POWELL / バド・パウエル / At The Golden Circle Volume 5 / アット・ザ・ゴールデン・サークル Vol.5●BUD POWELL バド・パウエル

At The Golden Circle Volume 5 / アット・ザ・ゴールデン・サークル Vol.5

パウエル史上、最長のパフォーマンス「ストレート・ノー・チェイサー」(20分)を収録。さらに超貴重な弾き語りトラック「ディス・イズ・ノー・ラフィン・マター」まで聴ける、文字通り驚愕の一枚。


CHET BAKER / チェット・ベイカー / The Touch Of Your Lips  / ザ・タッチ・オブ・ユア・リップス●CHET BAKER チェット・ベイカー

The Touch Of Your Lips / ザ・タッチ・オブ・ユア・リップス

漂泊のジャズマン、チェット・ベイカーのスティープルチェイス第1作。ダグ・レイニー、ニールス・ペデルセンとのピアノ/ドラムレス・トリオで、詩的なトランペット・プレイを堪能させてくれる。



CHET BAKER / チェット・ベイカー / Someday My Prince Will Come / サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム●CHET BAKER チェット・ベイカー

Someday My Prince Will Come / サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム

マイルス・デイヴィスやビル・エヴァンスも快演を残したタイトル曲、ホレス・シルヴァー「ラヴ・ヴァイブレーションズ」他、バラエティに富んだ選曲が魅力。チェットの「モンマルトル」ライヴ完結編。



DEXTER GORDON / デクスター・ゴードン / Cry Me A River / クライ・ミー・リバー●DEXTER GORDON デクスター・ゴードン

Cry Me A River / クライ・ミー・リバー

渡欧から約3か月後に吹き込まれたデクスターのライヴ・レコーディング(62年)を中心にした一枚。知る人ぞ知る名ピアニスト、アトリ・ビョーンのプレイも大きくフィーチャーされている。



DEXTER GORDON / デクスター・ゴードン / The Shadow Of Your Smile  / ザ・シャドウ・オブ・ユア・スマイル●DEXTER GORDON デクスター・ゴードン

The Shadow Of Your Smile / ザ・シャドウ・オブ・ユア・スマイル

ワン・ホーンで存分に吹きまくるデクスター・ゴードンを捉えた、71年のスウェーデン・ライヴ。メロディアスなアドリブ、逞しいサックスの音色が「サマータイム」「いそしぎ」といった名曲に映える。

DOUG RANEY / ダグ・レイニー / Introducing Doug Raney / イントロデューシング・ダグ・レイニー●DOUG RANEY ダグ・レイニー

Introducing Doug Raney / イントロデューシング・ダグ・レイニー

50年代のジャズ・ギター界を牽引したジミー・レイニーの愛息、ダグ・レイニーが78年にリリースした初リーダー作。父の盟友、デューク・ジョーダンもきめ細かなサポートを繰り広げる。

DUKE JORDAN / デューク・ジョーダン / Flight To Denmark  / フライト・トゥ・デンマーク●DUKE JORDAN デューク・ジョーダン

Flight To Denmark / フライト・トゥ・デンマーク

ジャズ・ピアノの味わい、ここに極まる。名手デューク・ジョーダンの生涯を代表する一枚であるとともに、世界のジャズ・ファンにスティープルチェイス・レーベルの名を知らしめた金字塔的傑作。

FRANK FOSTER / フランク・フォスター / The House That Love Built / ザ・ハウス・ザット・ラヴ・ビルト●FRANK FOSTER フランク・フォスター

The House That Love Built / ザ・ハウス・ザット・ラヴ・ビルト

カウント・ベイシー楽団への参加や「シャイニー・ストッキングス」の作曲で知られる重鎮が、テナー・サックス奏者としての本領を発揮したリーダー作。ホレス・パーランのピアノも快演。

JACKIE MCLEAN / ジャッキー・マクリーン / Live At Montmartre / ライヴ・アット・モンマルトル ●JACKIE MCLEAN ジャッキー・マクリーン

Live At Montmartre / ライヴ・アット・モンマルトル

記念すべきスティープルチェイス・レーベルの発足第1弾であると同時に、マクリーンの第一線へのカムバックを高らかに告げた作品。これほど情熱的なチャップリン作「スマイル」は、ほかにない。

JACKIE MCLEAN / ジャッキー・マクリーン / Tune Up / チューン・アップ●JACKIE MCLEAN ジャッキー・マクリーン

Tune Up / チューン・アップ

ブルーノート・レーベルの名盤『デモンズ・ダンス』録音前年に行なわれた、白熱のライヴ・パフォーマンス。「アイ・リメンバー・ユー」「スマイル」など極めつけのナンバーを颯爽とブロウしている。

JIMMY KNEPPER / ジミー・ネッパー / Cunningbird / カニングバード●JIMMY KNEPPER ジミー・ネッパー

Cunningbird / カニングバード

チャールズ・ミンガスのバンドやサド=メル・オーケストラに所属したトロンボーン奏者が、両バンドゆかりの名手と組んだ一枚。スタンダード曲のコード進行を素材に、アドリブの真髄を聴かせる。

KENNY DORHAM / ケニー・ドーハム / Short Story / ショート・ストーリー●KENNY DORHAM ケニー・ドーハム

Short Story / ショート・ストーリー

不朽の名盤『クワイエット・ケニー』から4年後、コペンハーゲンで吹き込まれたライヴ・レコーディング。ジャズ・クインテット’60のアラン・ボチンスキーと、熱いアドリブの応酬を繰り広げる。

KENNY DREW / ケニー・ドリュー / If You Could See Me Now / イフ・ユー・クッド・シー・ミー・ナウ●KENNY DREW ケニー・ドリュー

If You Could See Me Now / イフ・ユー・クッド・シー・ミー・ナウ

ドリュー・ファンなら知らぬ者のない『ダーク・ビューティ』の姉妹編。ニールス・ペデルセンの超絶ベースが冴えわたる「オレオ」、バラードの極致を示すタイトル・チューンなど、どの曲も名演。

LEE KONITZ / リー・コニッツ / I Concentrate On You - A Tribute To Cole Porter / アイ・コンセントレイト・オン・ユー●LEE KONITZ リー・コニッツ

I Concentrate On You - A Tribute To Cole Porter / アイ・コンセントレイト・オン・ユー

最も数多くのスタンダード・ナンバーを生み出した作曲家のひとり=コール・ポーターの傑作を、ジャズの魅力を知り尽くした名匠ふたりが演奏。暖かな“音の会話”で、旋律の美を極限まで引き出す。


NIELS-HENNING ORSTED PEDERSEN / ニールス・ヘニング・オルステッド・ペデルセン / Jaywalkin' / ジェイウォーキン●NIELS-HENNING ORSTED PEDERSEN ニールス・ヘニング・オルステッド・ペデルセン

Jaywalkin' / ジェイウォーキン

デンマークが世界に誇るアコースティック・ベースの超人、ペデルセンの初リーダー作。プレイだけではなく作曲家としての才能もフルに発揮する。生涯の盟友、フィリップ・キャテリーンのギターも美しい。


PAUL BLEY / ポール・ブレイ / Live / ライヴ●PAUL BLEY ポール・ブレイ

Live / ライヴ

50年代から活動を続ける異才ピアニストが、ポスト・ニールス・ペデルセンの筆頭株と共演。オーネット・コールマンの曲や、元妻カーラ・ブレイゆかりのナンバー等、選曲の良さも大きな魅力。




TETE MONTOLIU / テテ・モントリュー / Catalonian Fire  / カタロニアン・ファイアー●TETE MONTOLIU テテ・モントリュー

Catalonian Fire / カタロニアン・ファイアー

60年代からヨーロッパ・ジャズ・シーンの第一線で活動を続けてきたテテが、ケニー・ドリュー『ダーク・ビューティ』のリズム・セクションと丁々発止を繰り広げた痛快このうえない一編。

STANLEY COWELL / スタンリー・カウエル / Sienna / シエナ●STANLEY COWELL スタンリー・カウエル

Sienna / シエナ

ストラタ=イースト・レーベルでの活躍も印象深い“スピリチュアル・ジャズのプロフェッサー”が、スティープルチェイスに残した傑作ピアノ・トリオ。代名詞的楽曲「カル・マッセイ」の再演あり!

TOM HARRELL / トム・ハレル / Open Air / オープン・エア●TOM HARRELL トム・ハレル

Open Air / オープン・エア

トランペットの詩人、トム・ハレルがフィル・ウッズ・クインテット在籍中に残したリーダー作。歌心にあふれたトランペットとフリューゲルホーン、親しみやすい曲作りを満喫することができる。


WALTER DAVIS JR. / ウォルター・デイヴィス・ジュニア / Scorpio Rising  / スコーピオ・ライジング●WALTER DAVIS JR. ウォルター・デイヴィス・ジュニア

Scorpio Rising / スコーピオ・ライジング

ブルーノート盤『デイヴィス・カップ』から、ちょうど30年。生粋のハード・バップ・ピアニストが、他界の前年に残した力感みなぎる一枚。ラルフ・ピーターソンの煽りたてるようなドラムスも耳を奪う。

  










お問合せ・ご注文はこちら
 ディスクユニオンJazzTOKYO
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル2F
 tel : 03-3294-2648
 JazzTOKYO買取センター : 0120-620-567 ※携帯電話からは03-3294-2648
 mail : do12@diskunion.co.jp
 営業時間 : 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。