●MANUEL ROCHEMAN / MISTERIO / Bonsai Music / CD / BON160401 / 2,100円+税   

CD(4) 

商品レビュー


★フランス人、人気ピアニスト、マニュエル・ロッシュマン待望のピアノ・トリオ作の登場。


★80 年にNY 進出。トミー・フラナガンや、ジャッキー・バイアードと出会い、80 年代にはパリのジャズ・クラブで名を馳せ、90 年代に入ってからは、地元フランスの目利きレーベルNocturne 他、オランダのA-Record や、Columbuia/Sony といったメジャーからも次々に作品をリリース。日本でもピアノ・トリオ・ファンに広く知られる存在と言えましょう。


★また89年の記念すべき第一回マーシャル・ソラール・コンペティションで、特別賞“ベスト・フレンチ・ピアニスト”を受賞、92 年には“ジャンゴ・ドール賞”を受賞したことは実力の証といえます。


★本作はジャズ・ピアノ・トリオと、自らが強く影響を受けたブラジル音楽の要素が融合した作品。


☆ロッシュマンは、2012 年、MPB の巨匠トニーニョ・オルタとも共演。Naive から作品もリリースし、その経験を「自らの中で大きなステップ、結果は夢のように素晴らしいものだった」、と語っている通り、ブラジル音楽の大ファン。本作は、あくまでもジャズのピアノ・トリオを基本としながらもリズム的なものにブラジル的なものの融合も見せています。


☆特にタイトル・トラックのM3 は快活なリオの躍動感と、鮮やかな色彩感を感じるナンバー。めくるめくような流麗なフレージングと、ブロック・コードを織り交ぜた展開には、MPB のインスト作品のようなノリがあります。またM6はクロス・オーヴァーのフィールドの大御所、デイヴ・グルーシンあたりのブラジル作品や、映画音楽を思わせるようないい


意味のポップさが印象的です。


☆一方、ラスト・トラックは疾風怒濤のごとく、高速フレーズを決めまくる格闘技的な演奏。ロッシュマンはかつて、スコット・コリー、アントニオ・サンチェスといったメンバーをバックに迎えた作品もありましたが、このトラックには、その時代のスリルがあふれます。


★時折、ヒーローと仰ぐビル・エヴァンス的なところが垣間見えるのもいい塩梅。ジャズ・ピアニストとしての心地よい4ビートのスウィング感と、ポピュラー・ミュージックの良さをミックスした、ありそうでないオリジナリティをもったピアノ・トリオ作品です。


(メーカー・インフォメーションより)




■Manuel Rocheman (p)


Mathias Allamane (b)


Matthieu Chazarenc (ds, perc on 3)





ソングリスト

  • 1. Together
  • 2. Promenade
  • 3. misTeRIO
  • 4. Heart to Heart
  • 5. After Sorrow
  • 6. Second Chance
  • 7. So Close
  • 8. Good Luck
  • 9. Long Time Ago
  • 10. Circle 

お問合せ・ご注文はこちら
 ディスクユニオンJazzTOKYO
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル2F
 tel : 03-3294-2648
 JazzTOKYO買取センター : 0120-620-567 ※携帯電話からは03-3294-2648
 mail : do12@diskunion.co.jp
 営業時間 : 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。