1940年代後半から始まったロンドン・ビバップ・ムーヴメントと共にに生まれ、ロニー・スコットやヴィクター・フェルドマン、ジョニー・ダンクワース、ジミー・デューカーらブリティッシュ・ジャズ・シーン黄金期を築く大物達の若き演奏を記録した幻のエスクワイヤ・レーベルの秘蔵音源シリーズ!
1947年にドラマーのカルロ・クラーマーとレコード・コレクターのピーター・ニューブルックによって立ち上げられたエスクワイヤ・レーベルは、イギリス・ロンドンにおけるビバップ・ムーヴメントの勃興を記録したロンドン・ジャズの大きな柱だ。ロンドンでのレコーディングをそのままリリースする自社原盤シリーズの他に、アメリカのプレスティッジと業務提携を結び、マイルス・デイヴィスやソニー・ロリンズらプレスティッジの名盤をライセンス、リアルタイムで本場ニューヨークのジャズをイギリスに紹介していった。プレスティッジとの契約は1960年代半ばまで続いたが、1970年代半ばにクラーマーが亡くなるとかつての輝きは失われついにはレーベルの活動を停止してしまう。1980年代に入りニューブルックが権利を売却し40年近く続いたレーベルは幕を閉じた。エスクワイヤはロンドンのミュージシャンの初期録音を多数残しているが、後にジャズ・クラブのオーナーとなるロニー・スコットや、マイルス・デイヴィスの「天国への七つの階段」の作者としても知られるヴィブラフォン~ピアノのヴィクター・フェルドマン、後年映画音楽家としても大成したジョン・ダンクワースら多くのブリティッシュ・ジャズマンの初期作品を記録しており、まさにロンドン・モダン・ジャズの夜明けを生み出したレーベルと言えよう。また、当時提携していたスウェーデンのメトロノームなど他社との共同原盤もカタログ保有しており、クインシー・ジョーンズやスタン・ゲッツ、ズート・シムズらの名盤のレアなジャケット違い作品はマニア垂涎と言えるだろう。これまでベールに包まれていたロンドン・モダン・ジャズの夜明けを記録したレーベル、エスクワイヤ。その全貌が今明らかに!



◆全タイトル世界初CD化!
◆各1,389円+税
◆完全限定生産


---25タイトルのリストはこちら!----
●アラン・ブランズコム / スウィンギン・オン・ザ・サウンド・ステージ
タビー・ヘイズ・カルテットのピアニスト/ヴィブラフォン奏者としても知られるアラン・ブランズコム。ピアニストとして参加したセッションを中心に組まれたアランのベスト・ワーク集第2弾!ケニー・ホイーラー参加!
●アラン・ディーン・アンド・ザ・オールスター・セクステット / マイ・ベイビー・ライクス・トゥ・ビバップ
ロンドンのモダン・ジャズ・ヴォーカリスト、アラン・ディーンがトミー・ポラード、ラルフ・シャロンらと組んでいたザ・オールスター・セクステットと1949年にスタジオで録音したモダン・ヴォーカル最重要音源!
●ジョニー・ホッジス~レイ・ナンス~キース・クリスティー / オマージュ・トゥ・ザ・デューク
ジョン・コルトレーンも憧れたエリントニアン、ジョニー・ホッジス、同じくエリントン黄金時代を築いたヴァイオリン~トランペットのレイ・ナンス、そしてロンドンのモダン・トロンボーン奏者キース・クリスティーのセッションをカップリングしたエリントンに捧げる企画アルバム!
●トミー・ウィットル / モア・ワクシング・ウィズ・ウィットル
ロンドン・ビバップ全盛期の1954~55年に行われたセッションを収録した王道テナー奏者トミー・ウィットルの初期傑作録音第2集!ハリー・クライン(bs)との迫力の2管でスウィングしまくるホウィットルの決定盤!
●ロニー・スコット・オーケストラ / ライヴ・アット・ザ・ジャズ・クラブ
ロンドン・ビバップ・ムーヴメントの中心人物だったサックス奏者ロニー・スコットが1953年に9人編成のビッグ・コンボで行なった放送用ライヴ音源!まさに夜明けという言葉が似合う熱気に包まれたライヴ・パフォーマンス!
●ジョー・ハリオット~トニー・キンゼイ / ジャンプ・フォー・ミー
ロンドン・ビバップ・ドラムの開祖トニー・キンゼイがジャマイカ生まれのアルト奏者ジョー・ハリオットをフィーチャーして臨んだカルテット作品!ブリブリとアルトを鳴らすハリオットのパーカーイズム溢れるプレイは最高!
●ヴィクター・フェルドマン / ヤング・ヴィック
マイルス・デイヴィスのカバーで知られる「天国への七つの階段」の作者として、またコンテンポラリーはじめ数々の名盤を生み出したヴィブラフォン~ピアノ奏者ヴィクター・フェルドマンがロンドン時代に残したデビュー当時の貴重な記録!
●メロディ・メイカー・オールスターズ / ワクシング・ザ・ウィナーズ
イギリスの国民的音楽誌メロディ・メイカーの人気投票によって選ばれたミュージシャンが集まり録音したオールスター・セッション。1954年のセッションではヴィクター・フェルドマンやハリー・クラインらが選ばれプレイした最高のセッション!
●チュビー・ジャクソン / チョイス・カッツ
スウィング時代から活躍するアメリカのベーシスト、チュビー・ジャクソンがジェリー・マリガンやズート・シムズ、J.J.ジョンソン、ハワード・マギーらと行なったセッションに加え、ジョージ・ウォーリントン、アーノルド・ロス、トゥーツ・シールマンスのセッションも収録!
●クインシー・ジョーンズ・オールスターズ / スキューズ・ディーズ・ブルース
クインシー・ジョーンズがライオネル・ハンプトン楽団のツアーでヨーロッパを訪れた際にスウェーデンで録音された歴史的作品!若きクリフォード・ブラウン、アート・ファーマー、ジミー・クリーヴランドらニュースター達がスウェーデンのミュージシャンと熱いセッションを繰り広げる!
●メロディ・メイカー・オールスターズ / ワクシング・ザ・ウィナーズ 1951ー1953
イギリスを代表する音楽誌メロディ・メイカーが毎年行っていた人気投票のトップミュージシャンを一同に集め録音するオールスター・コンボ・ジャズ!当時ブルーノートからNew Sounds from The Old Worldというタイトルでアメリカでもリリースされた作品!
●ズート・シムズ、アル・コーン、ジェームズ・ムーディ / テナー・コントラスツvol.2
ズート・シムズとジェームズ・ムーディがそれぞれ1950~51年にストックッホルムで行なったセッションをまとめた作品と、若きアル・コーンが1949年にニューヨークでジョージ・ウォーリントンを含むカルテットで行なったセッションをまとめた編集盤!
●スパイク・ロビンソン / ガヴァナー
イギリスのレスター系テナー奏者スパイク・ロビンソンの初期決定盤!ベテランになった円熟期の作品が近年続々とリイシューされているが、本作は1951年にトミー・ポラードのダウンビート5とヴィクター・フェルドマンとのセッションをそれぞれ収録した貴重な作品!
●ジョン・ダンクワース・セヴン / ゲット・ハッピー
サックス奏者として1940年代後半のロンドンを席巻し、1960年代に入り映画音楽家として『コンクリート・ジャングル』や『ハネムーンはモンテカルロで』など数々の名作を生み出してきたジョン・ダンクワースの初期録音傑作!ブリブリとパーカーライクなアルトをブロウするダンクワースは最高!
●ジョン・ダンクワース・カルテット~ザ・ロニー・スコット・バップテット / バップ・アット・クラブ・イレヴン
ジョン・ダンクワースとロニー・スコット、ロンドン・ビバップ・ムーヴメントを牽引した2人のサックス奏者が1949年にキング・ジョージ・ホールで行なった歴史的なビバップ・コンサート!マッセイ・ホールのロンドン版とも言える本作はまさにロンドン・ビバップの夜明け!
●ロニー・スコット~ケニー・グラハム / バトル・ロイヤル
ロンドンのビバップ黎明期を牽引したロニー・スコットとケニー・グラハム、二人のテナーをフィーチャーしたブロウィング・セッションと後半はロニー・スコットのコンボ作品を収録!
●スタン・ゲッツ~ジェームズ・ムーディ / テナー・コントラスツ
前半はゲッツが1951年にスウェーデンを訪れた時に現地のミュージシャンと行なったセッションのドキュメントで、「ディア・オールド・ストックホルム」の初演として名高い録音だ。後半は1949年にムーディが同じくストックホルムで行なった歴史的セッション!
●ケニー・グラハムズ・アフロ・キュービシツ / マンゴー・ウォーク
映画『俺は殺られる』のサウンドトラックを書いた事でも知られるテナー奏者でアレンジャーのケニー・グラハムが1950年代初頭に吹き込んだアフロ・キューバン・ジャズ作品!エキゾティックなこれぞロンドン、踊るためのジャズ!
●ロイ・エルドリッジ ~ ハワード・マギー・ビバッパーズ / ヒーツ・オン
スウィング~ビバップを繋ぐリトル・ジャズ、ロイ・エルドリッジが1951年にスウェーデンで行なったセッションと、1948年にハワード・マギーがパリで行なったセッションをカップリングしたトランペット・ファンのマスト・アイテム!
●トミー・ウィットル / ワキシング・ウィズ・ウィットル
ロンドンのテナー奏者トミー・ウィットルは、ロンドン時代のジョージ・シアリング・カルテットのテナー奏者として活躍したメインストリーマー。ズート・シムズのようにスウィンギーだが朴訥としたテナーが魅力のウィットル初期音源!
●ロニー・スコット / グレート・スコット!ロニー・スコット・スタジオ・レコーディング
ロンドンのジャズ・クラブのオーナーとしても有名だがブリティッシュ・ジャズ随一のモダン・テナー奏者、ロニー・スコット。1948年と1951年に行われたセッションを集めた作品で、若きヴィクター・フェルドマンやラルフ・シャロンらロンドンのトップ・バッパーが集結したセッション!
●クレオ・レーン&ジョン・ダンクワース・セヴン / ア・ラヴァー・アンド・ヒズ・ラス
ジャズ、ポピュラー、クラシックでグラミー賞にノミネートされた唯一のシンガー、クレオ・レーンと夫でサックス奏者のダンクワースとのおしどり夫婦セッション!ダンクワース率いるセプテットをバックにスウィングしまくるレーンが最高!
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。