●キース・ジャレット / ア・マルティテュード・オブ・エンジェルズ / ユニバーサルミュージック / JPN / CD / UCCE1161/5 / 4988031171615 / 4,500円+税

CD(4) 

商品レビュー



1996年の10月にイタリアで行われたソロ・コンサート・シリーズを録音した4枚組最新作。■モデナ、フェラーラ、トゥーリン、ジェノヴァで行われたソロ・ライヴ、長いインプロヴィゼーションのパフォーマンスは観客を魅了。「これらは、どのセットもブレイクなしで行った最後のコンサート。ジャズがここに顕在しているのはもちろんだが、クラシック音楽(モダンなIvesから古くはバッハまで)も深いところで私の身近にあることが表れている。」とキース。■これらのコンサートは1995年にミラノのスカラ座で行われ、ライヴ盤でも『La Scala』としてリリースした後のソロ・ライヴであり、70年代からの『Bremen-Lausanne』『Sun Bear Concerts』などインプロヴィゼーション豊富に様々な場所で行われたキースのソロ・コンサート第1期の終わりにもなってしまった...これらのコンサートの後、キースは2年間公の場で演奏できなかったのだ。1997年自宅であの名盤『The Melody at Night, with You』を録音、ピュアなメロディで瞑想したが1998年の終わりにGary Peacock、Jack DeJohnetteとのスタンダード・トリオでステージに復活。その後徐々にソロ・コンサートも行うようになったが2002年の『Radiance』を例にとってみてもソロ・コンサートのフォーマット自体が以前とは異なり,現在はインプロヴィゼーションの曲が連なるものに変わったのだ。■ということでキースのソロ第1章の最終幕となる本作なのである。キースは以前、ソロの演奏に関し、「ピュアなインプロヴィゼーションを演奏するときは、知性や情緒などは不要。ただただ川が流れていくのがいいんだ。」と言っていた。キース自身がDATを持ち込んで録音した今回の作品は、パフォーマー、リスナーが共にその川に入ることができるんだ。「この音楽を僕が再発見したときと同じような特別な体験をみんなができるといいなぁと思っている。」 とキースからのメッセージ。(メーカーインフォより)

Keith Jarrett(p)

Disc 1
Modena – Teatro Comunale – October 23, 1996

Disc 2
Ferrara – Teatro Comunale – October 25

Disc 3
Torino – Teatro Regio – October 28, 1996

Disc 4
Genova – Teatro Carlo Felice – October 30, 1996



ソングリスト

  • Disc 1
    • 1. パート1
    • 2. パート2
    • 3. ダニー・ボーイ
    Disc 2
    • 1. パート1
    • 2. パート2
    • 3. アンコール
    Disc 3
    • 1. パート1
    • 2. パート2
    Disc 4
    • 1. パート1
    • 2. パート2
    • 3. アンコール
    • 4. オーバー・ザ・レインボー

お問合せ・ご注文はこちら
 ディスクユニオンJazzTOKYO
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル2F
 tel : 03-3294-2648
 JazzTOKYO買取センター : 0120-620-567 ※携帯電話からは03-3294-2648
 mail : do12@diskunion.co.jp
 営業時間 : 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。