●CHARLIE HADEN / TIME/LIFE!!!!! SONG FOR THE WHALES AND OTHER BEINGS / IMPULSE! / IMPORT / CD / 4798480 / 0602547984807 / 2,000円+税


CD(4) 


商品レビュー

50年以上のキャリアにおいてベーシスト/作曲家としてだけでなく、正義を持った生き方にも多くの人々の共感を得ているチャーリー・ヘイデン。1969年に彼が作ったLiberation Music Orchestraはインパルスに残したデビュー・アルバム『リべレーション・ミュージック・オーケストラ』で自らを含めデューイ・レッドマンやドン・チェリーといったフリー系のミュージシャンとともにメッセージ性のこもったアンサンブルを聴かせてくれる。アレンジャーは共にグループを結成したカーラ・ブレイ、カーラに関しヘイデンは生前「カーラは僕が聴こえてほしいと思うアレンジと全く同じ音楽を聴いてくれる。」としばしば語っていたそう。

その後40年間において彼らがリリースしたのは1983年『The Ballad of the Fallen』(ECM)、1990年『Dream Keeper』(Blue Note),2005年『Not In Our Name』(Verve)、1999年に1989年のライヴ盤『The Montreal-Tapes:Liberation Music Orchestra』(Verve)をリリース。そして2014年にヘイデンが他界、その2年後の今年に最新作を遂にリリース。■本作の始まりは2007年、ヘイデンと奥様キャメロンが環境問題に関して深刻であると認識したことから。4年後の2011年にLiberation Music Orchestraはアントワープで行われたMiddelheim Jazz Festivalに出演、そのフェスティヴァルのディレクターはその年のテーマを環境問題としたのだ。そしてカーラ・ブレイの天才的なアレンジによってビル・エヴァンスとマイルス・デイヴィスの"Blue in Green"を演奏、そして1979年にヘイデンが書き、バンドOld and New Dreamsで初レコーディングした"Songs for Whales"を演奏したのだった。

その後スタジオ録音しようとしていたのだが、ヘイデンの病状が悪化。マネージャーでもあるキャメロンは「この作品を完成させるというのが私たちの夢だったのでそれはしなければならなかったし、ベルギーで国営ラジオ局が録音していた2トラックをみんなに聴いてもらいたいと思った。」そして一貫したテーマに基づきキャメロンはカーラ・ブレイに"Utviklingssang"(1981年のカーラの作品『Social Studies』収録のノルウェーの政府が都市部の電力確保のために一連のダムを北の地方に多く作る計画を立てたときに、ラップランドの環境、野生動物、人々に影響を与えることを懸念し、表現したバラード)を新たに録音してほしいと依頼。カーラはさらに1960年代に作った彼女の楽曲でゲイリー・バートンの1968年の作品『A Genuine Tong Funeral』に収録の”Silent Spring"もリアレンジ。そしてアルバム・タイトル曲"Time/Life"はカーラがヘイデンの他界を知った後にキャメロンに贈られたレクイエム。2015年1月12日にNYのタウンホールで行われたヘイデンのお葬式でLiberation Music Orchestraはヘイデンに向けて演奏した。

月曜日にアヴァター・スタジオでリハーサルを行い、火曜日にお葬式で演奏、水曜日にレコーディング、巣多事青に入ったオーケストラはみんなチャーリーのスピリットを感じたという。ベースを担当したSteve Swallowは1950年代からの唯一無二の親友だ。キャメロン曰く「この音楽を聴くといつも涙が出てしまう。チャーリーはこの作品を出せて感激してくれていると分かるから。この録音がお葬式の後すぐに行われたからオーケストラのエネルギーがとても強いの。」本作品の最後にはヘイデンの生前のメッセージも収録されています。 


(パーソネル)
Carla Bley (piano, arr., cond.); Charlie Haden (bass on 1 and 5); Steve Swallow (el. bass on 2, 3 and 4)
Michael Rodriguez, Seneca Black (trumpet); Curtis Fowlkes (trombone); Vincent Chancey (french horn); Joseph Daley (tuba); Loren Stillman (alto saxophone); Chris Cheek, Tony Malaby (tenor saxophone); Steve Cardenas (guitar); Matt Wilson (drums)

ソングリスト

  • 1. Blue In Green [Live],
  • 2. Time / Life,
  • 3. Silent Spring
  • 4. Útviklingssang,
  • 5. Song For The Whales [Live]

お問合せ・ご注文はこちら
 ディスクユニオンJazzTOKYO
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル2F
 tel : 03-3294-2648
 JazzTOKYO買取センター : 0120-620-567 ※携帯電話からは03-3294-2648
 mail : do12@diskunion.co.jp
 営業時間 : 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。