名門アトランティック、ワーナー・ブラザーズ・レーベル等に、新たに加わったパーロフォン系レーベル(ルーレット、ルースト、ジュブリー、コルピックス等)の名盤、初CD化のレア盤をSHM-CD仕様でリリースする新シリーズ登場です。

◇24bit デジタルリマスタリング
◇完全限定盤
◇SHM-CD仕様
◇各1,200円+税


◇◇第3弾 2016年10月26日発売◇◇


●バド・パウエル / ザ・リターン・オブ・バド・パウエル
真の天才が放った枯淡の境地。パリでの生活を終えたパウエルが帰国後、ルーレットに残した貴重なドキュメント名盤。LP未収録の2曲を追加。
●アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ / バックギャモン
ルーレットに残された70年代JMの代表作。ベニー・ゴルソンが書いた名曲の再演をはじめ、新旧のメッセンジャーズが一体となって熱気溢れる演奏を繰り広げる。
●ディジー・ガレスピー&チャーリー・パーカー / ガレスピー=パーカー・イン・コンサート
前半にモダン・ジャズ=ビ・バップの立役者が共演したカーネギー・ホールでのライヴ演奏。後半に異郷の地パリにおけるガレスピー・バンドのライヴ演奏をそれぞれ収録した、ルースト初期の重要アルバム。(国内初CD化)
●ソニー・スティット / ア・リトル・ビット・オブ・スティット
おなじみの人気サックス奏者がワン・ホーンで残した貴重盤。親しみやすいスタンダードを中心に充実したプレイを披露。 LP未収録の別テイク2曲を追加。
●ソニー・スティット / ソニー・サイド・オブ・スティット
スティットのルースト作品のうち、なぜか今回が初CD化となる超レア盤。名手ロイ・ヘインズの力強いドラミングを得て、メンバー全員が比較的好調なプレイに終始している。(国内初CD化)
●チャールス・ロイド・カルテット / ドリーム・ウィーヴァー
キャノンボール・アダレイのグループから独立、60年代のフラワームーヴメントで一世を風靡したロイドのアトランティック第1弾。名曲「枯葉」を含む組曲「オータム・シーケンス」が圧巻。
●ローランド・カーク / 天才ローランド・カークの復活
「ラヴィン・ユー」の名演で支持を得た晩年の傑作。人生の喜怒哀楽を捉えたヒューマニズム溢れる世界が横溢。
●ジーン・クイル / 3ボーンズ・アンド・ア・クイル
フィル・ウッズとのコンビでも知られる白人アルト奏者が、個性派トロンボーン奏者3人と共演したモダン・ジャズの香り溢れる好作品。
●ルー・レヴィ / ルー・レヴィー・プレイズ・ベイビー・グランド・ジャズ
西海岸で活躍した白人バップ・ピアニストが、ジュビリーに残したゴージャスなピアノ・トリオ人気盤。シャンソンの名曲「パリの空の下」での哀愁溢れる解釈も味わい深い。
●トニー・アレス / ロング・アイランド組曲
50年代の知られざる才能が残した壮大でスインギーな組曲。通好みの名手が多数参加する永遠のコレクターズ・アイテム。
●ハロルド・コービン / ハロルド・コービン-ソウル・ブラザー
幻の黒人ピアニストが残した唯一のピアノ・トリオ・アルバム。アーマッド・ジャマルのスタイルを取り入れた、ソウルフルでファンキーな演奏が秀逸。
●ジョン・ルイスとサッシャ・ディステル / アフタヌーン・イン・パリ
”MJQの音楽監督でリーダーでもあるジョン・ルイスが1956年のパリ訪問時に、現地の一流ミュージシャンと共演した名盤。MJQの初代メンバーだったケニー・クラークとの再会や数々の名曲を世に送り出した名手ディステルの繊細なギター、当時ロリンズに傾倒していた若きバルネの骨太テナーも聴きどころ。
●レニー・トリスターノ / 鬼才トリスターノ
ビ・バップと対をなす白人中心のムーヴメント、クール・ジャズの創始者として知られるトリスターノの代表作。前半はテープの回転速度を変えた多重録音など実験的なアプローチを披露。後半は高弟コニッツを含むカルテットでのライヴ。
●ハービー・ハンコック / エムワンディシ
マイルスの元を離れ、ブルーノートから移籍したハンコックがファンク、ジャズ、ロックとのプログレッシヴな融合を模索していたセクステットで録音したワーナー時代の代表作。全員がスワヒリ語名でクレジットされている。アルバム・タイトルはスワヒリ語で「作家」の意。8分の15拍子の「オスティナート」をはじめ、シンセを使った緩急自在の音楽が展開される。この後一斉を風靡するヘッド・ハンターズ前夜の名盤。
●ハービー・ハンコック / クロッシングス
通算10枚目、エレクトロニクスを使った実験的なサウンドが人気を博したハンコックのムワンディシ期第3弾。長尺演奏を中心に、プリミティヴなリズムと、3管アンサンブル、ハンコックのキーボート&シンセが見事に融合。エキサイティングでスリリングな演奏が繰り広げられていく。
●ジ・アート・ファーマー・カルテット / ブルースをそっと歌って
幻惑的な表題曲が印象的なアトランティック最終作。繊細で暖かいフリューゲルホーンと、冷たく寂しげなピアノの対比が秀逸。
●ジョニー・スミス / ジョニー・スミス・カルテット
多くの同業者からいまも尊敬を集める白人ギタリストが、曲ごとに各メンバーのソロをフィーチャーしたルースト初期の名作。(国内初CD化)
●ジョニー・ハートマン / アイ・ソート・アバウト・ユー
ジョン・コルトレーンとの共演で名高い黒人男性歌手が、50年代後半にルーストに残した知られざる1枚。久しぶりの国内盤発売。(国内初CD化)
●エセル・エニス / ララバイズ・フォー・ルーザーズ
恋に破れた女心をせつなく歌う実力派黒人女性歌手の初リーダー作。ハンク・ジョーンズ、ケニー・クラークなど一流ジャズメンで固めた伴奏もパーフェクト。
●アイリーン・ウッズ / イッツ・レイト
ディズニー映画『シンデレラ』の声を担当、可憐な雰囲気が魅力の女性歌手が残した唯一のアルバム。ヴォーカル・マニアの間では、ジャケ&内容ともに充実の人気盤としても有名な1枚。
●ニーナ・シモン / ニーナ・シモン・アット・ニューポート
1960年のニューポート・ジャズ祭で繰り広げた熱狂的なステージ。伝統的なブルース、フォーク・ソングからオリジナル、コール・ポーターの名曲まで、切なく激しく、そして格調高い、ニーナの歌の世界が展開されていく。
●ニーナ・シモン / 禁断の果実
ゴスペル、ブルース、ソウルの伝統を継承する大歌手ニーナの代表作。オスカー・ブラウン・ジュニア作の表題曲をはじめ、モダン・ジャズの名曲「ワーク・ソング」の力強い歌唱も迫力満点
●ダイナ・ワシントン / イン・ラヴ
ビリー・ホリデイにも認められ絶大な人気と実力を誇ったブルースの女王が、ストリングスとコーラスを含む豪華な伴奏でしっとりと歌った極上のラヴ・バラード集。(国内初CD化)
●サラ・ヴォーン / ジ・イクスプローシヴ・サイド
ベニー・カーターの編曲・指揮によるオーケストラとの共演で、サラの魅力も倍増。ヒット曲「アイ・ビリーヴ・イン・ユー」をはじめ、おなじみのスタンダードをたっぷりと歌う。(国内初CD化)
●ビヴァリー・ケニー / ビヴァリー・ケニー・シングス・ウィズ・ザ・ベイシー・アイツ
ジャズ・ファン間の永遠の歌姫がルーストに残した三部作の最後を飾る「超」人気盤。カウント・ベイシー楽団のピック・アップ・メンバーで構成されたコンボを、バックに小粋&可憐に歌う。



お問合せ・ご注文はこちら
 ディスクユニオンJazzTOKYO
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル2F
 tel : 03-3294-2648
 JazzTOKYO買取センター : 0120-620-567 ※携帯電話からは03-3294-2648
 mail : do12@diskunion.co.jp
 営業時間 : 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00)
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。