Storyville Jazz Classics!!デンマークの名門ジャズ・レーベル〈ストーリーヴィル〉の名盤が最新リマスターで復刻!

〈ストーリーヴィル〉は、1950年に熱烈なジャズ・コレクターのカール・エミル・クヌーセンによって設立され、ニューオーリンズの伝説的な通りの名をそのままレーベル名にした。
北欧のブルーノートとも呼ばれる〈ストーリーヴィル〉の設立当初は78回転SP盤のリリースを行い、ストライド・ピアノの名手ジェームス・P・ジョンソンやブルース・シンガーのマ・レイニーなどアメリカのルーツ・ジャズ、ブルース作品をリリースしていたが、モダン・ジャズ神チャーリー・パーカーの北欧来訪や北欧ジャズ・ミュージシャンによる独自のジャズが発展してくるとモダン・ジャズ作品を多く手がけるようになる。
1960年代以降アメリカ人ジャズ・ミュージシャンが大挙してデンマークやスウェーデンで音楽活動をするようになると、〈ストリーヴィル〉はその拠点として数多くの名作を発表する。
日本人好みのピアノ作品や、デクスター・ゴードン、エディ・ロックジョウ・デイヴィス、サヒブ・シハブら名サックス奏者の作品も名盤も多くリリースし北欧ジャズの名門として日本のジャズ・ファンに愛されている。
■■□―――――――――――――――――――□■■
■第3期20タイトル 発売中
■完全限定生産品
■最新リマスター
■書き下ろし日本語解説付き
■オリジナルジャケット使用
■価格 各1000円(税抜)


●ズート・シムズ / エレジアック
人気サックス奏者ズート・シムズが名ギタリスト、バッキー・ピザレリとデュオで1980年にニューヨークで行ったライヴを収録したライヴ盤!スタンダードを片っ端から演奏していくベテラン二人による濃密なデュオ・ライヴ!
●リー・コニッツ / リー・ワイズ
クール・ジャズ翁リー・コニッツが1993年にデンマークの権威あるジャズ賞、ジャズパー賞を受賞した際に行ったコンサートを収録したライヴ盤!マイルス・デイヴィスの『クールの誕生』と同じ9人編成のノネットを率い独特のスウィングを聴かせるリー・コニッツのライヴ盤!
●メアリー・ルー・ウィリアムス・トリオ / アット・リックス・カフェ・アメリケイン
1910年生まれの女流ピアニスト、メアリー・ルー・ウィリアムスが円熟期の1979年にシカゴのクラブに出演した時のライヴ録音盤!初期のアール・ハインズ、スウィング時代のアート・テイタム、バップ期のバド・パウエル、さらにモードと生涯前進し続けた鉄の女メアリー絶好期のトリオ作品!
●ドン・バイアス / フィーチャリング・サー・チャールズ・トンプソン
戦前のカウント・ベイシー楽団でレスター・ヤングの後任として数々の名ソロをとったテナーマン、ドン・バイアス。1946年に早々とパリに移住、ビバップをいち早くモノにし荒々しいプレイでファンを魅了したバイアスが、サー・チャールズ・トンプソンと行ったスウィンギーなスタジオ作品!
●ウォーン・マーシュ / アイ・ゴッド・ア・グッド・ワン・フォー・ユー
リー・コニッツと並びトリスターノ派の高僧ウォーン・マーシュが、1980年に最強のピアノ・トリオ、ケニー・ドリュー・トリオと共に吹き込んだ最高にスウィンギーで最高にクールなカルテット作品!
●ハワード・マギー~テディ・エドワーズ / ワイズ・イン・タイム
ビバップが芽生えた1940年代のロサンゼルスで名コンビとしてバップ・ユニットを組み、チャーリー・パーカーがロスで最も信頼していたのがこの二人、マギ~エドワーズだ。ビバップをベースに、ゴキゲンなスウィングを聴かせる名手2人の双頭リユニオン・バンドのスタジオ好盤!
●アル・グレイ・アンド・ヤスパー・シロ・クインテット / アル・グレイ・アンド・ヤスパー・シロ・クインテット
ファンキー・トロンボーンの代名詞アル・グレイと、デンマークを代表するテナー奏者ヤスパー・シロによるゴリゴリのハードバップ快作!オーレ・コック・ハンセン・トリオをバックに豪快にスウィングするグレイとシロ、とにかく最高にノリノリなスタジオ作品!
●ラルフ・サットン / トリオ&カルテット
ストライド~スウィング・ピアノの名手ラルフ・サットンが1977年にデンマークで録音したウキウキするようなスウィング・ピアノ傑作!ファッツ・ウォーラーのようなダイナミックでエレガントさを兼ね備えるサットンの代表作!
●ニルス・ラン・ドーキー~ボブ・バーグ / ザ・トゥルース~ライヴ・アット・モンマルトル
現在デンマークを代表するピアニストにまで成長したニルス・ラン・ドーキー。ニルスが世界的に知られるきっかけとなった作品がコンテンポラリー・ジャズ・サックス巨人ボブ・バーグとの本作!若きテリ・リン・キャリントンのアグレッシヴなビートに乗りバーグとニルスが躍動する熱きライヴ盤!
●ハワード・マギー~ベニー・ベイリー / ホーム・ラン
ジャズクラフト原盤、ハワード・マギーとベニー・ベイリーという2人のバップ・トランぺッターの共演盤!1940年代にはファッツ・ナヴァロとの死闘を繰り広げたマギーが1970年代の円熟期にベイリーと熱いバトルを繰り広げた最強トランペットアルバム!強力サイドマンのサポートも最高!
●ハワード・マギー / ジャズブラザーズ
バップ・トランペッターのハワード・マギーがチャーリー・ラウズ、バリー・ハリス、グラディ・テイトら最強のニューヨーク・キャッツと録音した豪快なハード・バップ・セッション!正統派クインテットによるジャズクラフト原盤。
●ライル・アトキンソン / ベース・コントラ・ベース
盟友リチャード・ワイアンズのピアノが響く名脇役ライル・アトキンソンのソロ・アルバム!ベーシストをもう一人配したピアノ・トリオ+1の編成は室内楽的かと思いきやとてもグルーヴィ!ブ厚いリズムにワイアンズのピアノが冴え渡るジャズクラフト原盤作品!
●カイ・ワインディング・セプテット / クリーヴランド1957
モダン・トロンボーン奏者カイ・ワインディングが、カール・フォンタナ、ウェイン・アンドレという名トロンボーン奏者と組んだ3ボーンズに、バストロのディック・リーヴを加えた4ボーンズによるハードバップ黄金期のスライディング・ライヴ!
●ウォーン・マーシュ~レッド・ミッチェル / ビッグ・トゥー~ホット・ハウス
ウェストコースト黄金時代を築いたテナーのウォーン・マーシュとベースのレッド・ミッチェルによる珠玉のデュオ・セッション!この時期デュオ演奏で定期的に作品をリリースしてきたミッチェル。旧友二人によるリラックスした最高のセッション!
●デクスター・ゴードン&ベン・ウェブスター / テナー・タイタンズ
共にアメリカからデンマークに移住してきたテナー・タイタン二人のライヴ音源をまとめた編集盤。しかし編集盤と侮ることなかれ、1969年から1972年までの歴史的ライヴ音源をまとめた本作は、ケニー・ドリューら同じ渡欧組のバックアップもあり全曲ワイルドなテナーマンの魅力を詰め込んだお宝セッションの数々だ!
●スタッフ・スミス / ライヴ・アット・ザ・モンマルトル
ジャズ・ヴァイオリン四天王の一人、黒人ヴァイオリニストのスタッフ・スミスがケニー・ドリューらとカフェ・モンマルトルで行ったライヴ音源!この作品、スタッフ・スミスも最高なのは言うまでもなく、ケニー・ドリューがとにかく超絶でノリノリ!黒いドリューが好きなピアノ・ファンはマスト!
●ボブ・ブルックマイヤー・カルテット / オールド・フレンズ
ヴァルヴ・トロンボーンで1950年代から活躍するボブ・ブルックマイヤーがデンマークの名ピアニスト、トーマス・クローセン・トリオをバックにワンホーンで臨むラジオ放送用のスタジオ・ライヴ!ダイナミックな楽器でスタンダードを繊細に奏でるブルックマイヤーの真骨頂!
●ジョン・スタッブルフィールド / プレリュード
ミンガス・ビッグバンドやワールド・サキソフォン・カルテットなどで活躍した極太テナーマン、ジョン・スタッブルフィールドの2ndアルバム!フェンダー・ローズ名手オナージェ・アラン・ガムスのローズがキラーなレア・グルーヴ名盤!
●バック・クレイトン・オールスターズ / 1961
カウント・ベイシー楽団のスター、バック・クレイトンがバディ・テイトやサー・チャールズ・トンプソンら豪華メンバーによる文字通りオールスター・ツアーの途中1961年スイスのバーゼルで行ったコンサートを収録したラジオ放送用音源!
●クラウス・スオンサーリ / リフレクション・タイムズ
フィンランドのドラマー、クラウス・スオンサーリが当時絶頂期にあったボブ・バーグやトム・ハレルらトップ・ミュージシャンと組みハードにスウィングしたコンテンポラリー・バップ傑作!マイルス・バンド脱退直後のバーグ、バリバリとラッパを鳴らしまくるハレルと奏でる熱きハードバップ!
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。