●GOGO PENGUIN / Man Made Object(CD) / BLUE NOTE / US / CD / 4764834 / 0602547648341 / 2,000円+税


CD(4) 


商品レビュー


世界中がいま注目のイギリス・マンチェスター出身の新世代“アコースティック・エレクトロニカ・トリオ” ゴーゴー・ペンギンが名門Blue Noteよりメジャー・デビュー!■イギリスのマンチェスター出身、全員20代の新世代ピアノ・トリオ、ゴーゴー・ペンギン。2009年にバンドを結成し、地元マンチェスターのクラブを中心にLIVE活動をスタート。メンバーは、ピアノのクリス・アイリングワース、ドラムスのロブ・ターナー、現在のベーシスト、ニック・ブラッカが2013年に加わり現在の形となる。マンチェスターのインディー・レーベルからこれまでに2枚のアルバムをリリース。その2枚目のアルバム『V.20』が、ブラーのデーモン・アルバーンのソロ・アルバムなどとともに、イギリスで権威のある音楽賞"マーキュリー・プライズ"にノミネートされ、世界中から一気に注目を集めることとなった。
バンドの噂を聞きつけたBlue Noteレーベルの社長であるドン・ウォズが、前作『V2.0』のアルバムを聴いて即時に気に入り、2日後にドイツのハンブルグで行われるウーバー・ジャズ・フェスティバルでのLIVEを観に飛び立ち、圧倒的なライヴ・パフォーマンスをその場で目の当たりにした。このことがきっかけとなり、2015年春ついに名門Blue Noteと複数枚契約を結ぶこととなる。
基本アコースティック・ピアノ・トリオである彼らの音楽は、ジャズをベースにしながらも、ショスタコーヴィッチやドビュッシーなどのクラシックからエイフェックス・ツインやスクエアプッシャー、マッシヴ・アタックやブライアン・イーノなどテクノ、ドラムンベース、ダブステップなど、様々なジャンルの音楽から影響を受けており、“アコースティック・エレクトロニカ・トリオ”と称賛。ピアノのクリスはマンチェスターのロイヤル・ノーザン・カレッジ・オブ・ミュージックでクラシックを学び、ラフマニノフ、ドビュッシー、ショパンなどに影響を受け、それがベースとなり、メロディアスでロマンティックなフレーズを生み出す源になっている。またリズム・パターンや音響的には、テクノ、ドラムンベース、エレクトロニカなどのダンス・ミュージックからも強い影響を受けており、エレクトロニック・ミュージックシーンが浸透しているイギリスならではの「踊れるジャズ」をアコースティック楽器でプレイするバンドスタイルとなっている。
完成した最新アルバム『マン・メイド・オブジェクト』のタイトルは、アコースティック楽器でエレクトロ・ミュージックを再現している彼らの音楽そのものを表現しており、エレクトロニカ、ジャズ、クラシック音楽という、一見するとかけ離れた音楽の影響をひとつのものにして、自分たちの音楽に組み込んでいる彼らの音楽を象徴する言葉となっている。UKの新世代バンドによる“ジャズ・ミーツ・エレクトロニカ”的な新感覚のサウンドは、現在世界中から注目を集めており、2016年ブレイク必至のアーティストです。(新譜案内より)


03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。