●FRED HERSCH / SARABANDE / SUNNYSIDE / US / CD / SSC1432 / 0016728143226 / 2,100円+税

CD(4) 

商品レビュー


現代最高峰のピアニスト、フレッド・ハーシュの1987年録音、セカンド・アルバムがリマスターされて、リイッシュー。


86年にConcord からデビュー作『Horizons』(w. マーク・ジョンソン、ジョーイ・バロン) をリリースし、2枚目の作品を考えていたところ、84年頃共演したチャーリー・ヘイデンが12月に自宅近くに滞在していることを知り、自らのスタジオで録音したのが、この作品だとのこと。


このリイッシューも、そのチャーリー・ヘイデンに捧げているとのことです。


先日(2015年11月)の来日公演でも、ジャズの伝統に根ざした表現と、個性を発揮し、繊細な演奏で観客を魅了したフレッド・ハーシュ。


本作は、32歳の頃( 現在60歳) のもので、ビル・エヴァンスからの影響も今よりちょっと濃いもの。


ピアノの音数も今よりも少し多めで、若さも感じる演奏。


しかし、この時分の演奏と、今の演奏は、しっかりと結びつき、一本の線で結ばれています。


みずみずしく、メロディアスな演奏は詩的で、どこを切り取っても美しいセンスがみなぎるもの。


トリオとしての即興も自由自在。


しかし、そうした音的なもののみならず、楽曲やスタイルにも今につながるものがはっきりとあります。


尊敬してやまないオーネット・コールマンの楽曲の演奏、スタンダードの曲のいくつもは、今現在も演奏し続ける曲(M1.3.4 は今回の来日公演でも演奏していました)。


また、アーティストの個性の内面を訪ねて描き上げるコンポジションにも、現在につながるものがあり(M7のChild's Song はチャーリー・ヘイデンに捧げた曲)、世界観は、以前と今と、まったく変わらないものを感じます。つまり、この時点から、曲や演奏する人の魅力に真摯に向かいあい、ピアノを奏でるアーティストの姿がここには記録されているのです。


ちなみに、フレッド・ハーシュ自身、今回リマスタリング・リリースにあたって、あらためて本作を聴き“この頃も、なかなかいいじゃない?”と思ったのだとか。


ジャズ語法を研究し続け、表現を極め、今や自然にして超然と、唯一無二の世界を創り上げているアーティストの原点的作品。注目のリリースです!!


(新譜案内より)


 


■Fred Hersch (p)


Charlie Haden (b)


Joey Baron (ds)


ソングリスト

  • 1 I Have Dreamed (Rodgers & Hammerstein) 
  • 2 Enfant (Ornette Coleman) 
  • 3 The Peacocks (Jimmy Rowles) 
  • 4 What Is This Thing Called Love? (Cole Porter) 
  • 5 Sarabande (Fred Hersch) 
  • 6 This Heart of Mine (Arthur Freed & Harry Warren) 
  • 7 Child’s Song (Fred Hersch) 
  • 8 Blue In Green (Bill Evans & Miles Davis) 
  • 9 Cadences (Fred Hersch) 
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。