●LARRY YOUNG / LARRY YOUNG IN PARIS - THE ORT / RESONANCE / 2CD / HCD2022 / 0096802280245 / 2,900円+税
国内盤帯付き●ラリー・ヤング / イン・パリ - ORTF レコーディングス / キングインターナショナル / 2CD / KKJ1012 / 4909346011076 / 3,333円+税


CD(4) 



商品レビュー


'65年、フランスに於ける未発表録音!!


フランスのラジオ、テレビ局に於けるLarry Youngのスタジオ録音、ライヴ録音を収録した、貴重音源が聴ける1枚。ナンバリング入り1,500枚限定盤。


 


【発掘音源!】オルガンの革命児, ラリー・ヤング!


名盤『into somethin'』『Unity』(BlueNote4187. 4221)


制作の秘密を解く64, 65年未発表音源集


〜ジャズの歴史の一頁がまた明らかになる!〜


 


68ページにわたる解説には、ジョン・メデスキ、ビル・ラズウェル、ジョン・マクラフリンらのインタビューも!(国内盤にも訳はなしです。)


 


★ジャズ・オルガンの革命児的存在、ラリー・ヤングの未発表音源。待望!フル・ヴァージョンでの登場です。


★録音年は1964、65年。つまりBlueNoteの名盤『into Somethin』と『Unity』の間の、正に大きなターニング・ポイントとなった時期の貴重音源!


☆ジャズ・オルガン奏者として、デビュー時はジミー・スミスの影響を受けていたヤング。しかし64年にブルーノートに移っては、ソウルフルな演奏から新主流派的な演奏、モード演奏に突き進み、コルトレーンからも大きく影響を受け、自身のオリジナリティを発揮。


☆そして、この未発表音源の発表により、『into Somethin』から『Unity』制作の構想も明らかにされるのです。


★この春には、10インチ盤アナログで4曲のみを収録した作品が出ており、そちらでは、『Unity』のラストとなる<Beyond All Limits>がA面1曲目を飾り、大きく話題になりましたが、今回のフル・ヴァージョンでは、同じく『Unity』に収録された<Zoltan>も収録。これら2曲は双方とも、すでに『Unity』と同様のアレンジで演奏されており、既にこの時期に楽曲の構想が明確になっていたことが明らかになります。また同CD2に収録されたウェイン・ショーターのナンバー、<Black Nile>の演奏は、60年代半ばのジャズの強力無比なエネルギーを感じさせる演奏!ディープに音を敷き詰めるようなラリーのオルガンをバックに、当時21歳のウッディ・ショーと玄人筋に人気のネイザン・デイヴィスの2トップが青白い炎を思わせるような鋭い演奏を炸裂。当時のパリという都市において、このような“新主流派”の奔流を感じさせる演奏が記録されていたことも貴重です。


★ラストは、ラリー・ヤングがピアノでブルースを演奏。革新的な構想の裏に見える渋い演奏も聴き逃せません!


★音源はフランスのNational Audiovisual Instituteのもので、Office of Radio and Television(ORTF)のアーカイヴから。フランシス・ウルフの未発表写真をBurton Yauntがデザインしたというアルバム・ジャケットも最高にそそります!


★Resonanceがまたジャズの歴史の一頁をひも解きます!



★60頁あまりに及ぶ、ブックレット付き(英文)。当時の証言や、未発表写真も多数収録!ドクター・ロニー・スミス、ジョン・マクラフリン、ジョン・メデスキも語っています!!



03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。