●PAOLO RECCHIA パオロ・レッキア / PEACE HOTEL ピース・ホテル  / ALBORE JAZZ / JPN / CD / ALBCD027 / 4560312310274 / 2,400円+税


CD(4) 

  • 紙ジャケ


商品レビュー


2012年始動のプロジェクト「Three for Getz」で、何百というステージをこなしてきたアルト・サックス/ギター/ベースによるトリオが示す、新たな地平線。モダン・ジャズの型をしっかりと踏まえた前作を出発地点とするならば、本作は文字通りそこからの大いなる飛躍と発展: とりわけメロディと密接に関わりながらアップデートされたリズム・アプローチが、ピアノレス/ドラムレス編成の可能性を押し広げ、より軽快で自由なハーモニーとアンサンブルをもたらしている。
5/4に再編し、コルトレーンのメロディをより美しく引き立たせた「Central Park West」、また同じ5/4でも異なる情緒を描いた「Emmanina」。トラディショナルなレパートリーも挟みつつ、ハイライトはやはり、タイトル・トラックの「Peace Hotel」、感慨深いワルツ「Post-Aurum」、そしてアルバム全体を優しく締めくくるラストの「Every Time We say Goodbye」。前作と比べ即興的要素が大きく増し、より自由に自身の声で歌い上げるレッキアのアルト。職人気質で着実に音楽を前へと押しやるボッレッリのベース。そして2015年、『Quiet Man』(auand)や『Optics/Alice Ricciardi』(Inner Circle Music)で素晴らしい感性とオリジナリティを披露したブラッコによる、ときにメセニー風のハーモニー、ときに地中海のフォークロアを思わせる絶妙に効果的なギター・ワーク。ライナーノーツを寄せるのは、NY最前線で活躍するジョエル・フラム(ts)。自然とリスナーを音楽の中へ誘うような、近年まれに見るフランクで愛情に満ちた文体で綴られている。

■Paolo Recchia (alto sax) パオロ・レッキア
Enrico Bracco (guitar) エンリーコ・ブラッコ
Nicola Borrelli (double bass) ニコラ・ボッレッリ
■Recorded at Groovefarm studio, Rome Italy, on March 5, 2015
 


ソングリスト

  • 1. Gone with the Wind (Allie Wrubel)
  • 2. Central Park West (John Coltrane)
  • 3. Sman (Enrico Bracco)
  • 4. Peace Hotel (Paolo Recchia)
  • 5. 317 East 32nd Street (Lennie Tristano)
  • 6. Emmanina (Paolo Recchia)
  • 7. I Remember You (Victor Schertzinger)
  • 8. Post-Aurum (Nicola Borrelli)
  • 9. Every Time We Say Goodbye (Cole Porter)
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。