●JOEY DEFRANCESCO / TRIP MODE / HIGH NOTE / UK / CD / HCD7281 / 0632375728120 / 2,100円+税


CD(4) 

商品レビュー


10代でマイルス・デイヴィス・バンドのツアーに参加。ハッチャーソン、サンボーンとの共演作でも好演が光ったデフランセスコ、2年ぶりの新作登場!オルガンはもちろん、トランペット、ピアノもすべて達者!


 


10代にして、ハンク・モブレーやフィリー・ジョー・ジョーンズと共演し、89年にはマイルス・デイヴィスのツアーに参加。自身のリーダー作も、マイルスのツアーと同時期にコロムビアからリリースし、94年にはジョン・マクラフリンの名作『After the Rain』に全面参加。そのキャリアからはすでに”ベテラン”というイメージもありますが、実は、1971年生まれ、44歳。今キャリアの第二の絶頂期を迎えようとしています。そんなデフランセスコ、今回は、なんと、オルガンの他にピアノ、トランペット、そしてヴォーカルも披露してくれます。そのトランペットはマイルスのエレガントさと、チェットのアンニュイな雰囲気あり、ピアノにはハンク・ジョーンズに通じるようなカントリー的なテイストと可憐さあり、ヴォーカルには、ポップかつダンディで哀愁漂うシナトラを彷彿とさせ、どんな楽器も味わいも豊かに披露しているからびっくり。これこそ、音楽一家に育ったサラブレット的な人の才能でしょう。もちろんオルガンも絶好調!グルーヴ感にあふれるリズムにのって、アーシーでファンキーなサウンドは、健在です。そんな中、デイヴィッド・サンボーンとの共演の影響もあってでしょうか?ジャズの即興的な演奏に加え、今回はキャッチーさが増したのも魅力の一つ。M2.8辺りには、ニューオリンズ・ファンク、R&B的なサンボーン・バンドのソロ演奏を彷彿とさせるものがあり、サウンドがソフィスティケイトされてドラマティックになった印象。このあたり、デフランセスコにおけるネクスト・ステージとも言えそうです。正に多彩さを見せてくれた一作。これで今後もますます楽しみです。


 


■Joey DeFrancesco (org,p on M3.6.7, key on M8, tp on M3.6.7, vo on M7)


Dan Wilson (g)


Mike Boone (b)


Jason Brown (ds)





ソングリスト

  • 1. Trip Mode
  • 2. Who Shot John
  • 3. Arizona Sunrise
  • 4. In That Order
  • 5. Cuz U No
  • 6. On Georgian Bay
  • 7. The Touch of Your Lips
  • 8. Traffic Jam
  • 9. What's Your Organ Player's Name
  •    
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。