ベツレヘム、エンヤ、タイムレス、ストーリーヴィルに続き
ウルトラ・ヴァイヴが贈るジャズ名門レーベルのリイッシュー新シリーズ!!


1950年代に『カフェ・ボヘミアのジョージ・ウォーリントン』など数々の名盤を世に送り、1970年代に再興してからはマル・ウォルドロンやトミー・フラナガンら名ピアニストの作品を多数発表してきた”プログレッシヴ・レコード”と、現在は親レーベルが同一の元Keynoteプロデューサー、ハリー・リムのレーベル”フェイマス・ドア”の1970年代ジャズ・マスター・コレクション!
◆2016年1月27日(水)発売
◆完全限定生産品、最新リマスター、日本語解説書き下ろし、オリジナルジャケット使用
◆各1,389円+税

---------------------------------------------------------------------------
◇第一期15タイトル一覧◇
ビル・ワトラス / ボーン・ストレート・アヘッド
現在はトロンボーン・クリニシャンとしても活躍する名手ビル・ワトラスがアル・コーン、ダニー・スタイルズとの3管フロントでド迫力のハードバップ・サウンドを展開!ドラムは若きスティーヴ・ガッド!
ジョージ・バーンズ・カルテット / スウィング、ギターズ
長いジャズ・ギターの歴史の中で最も早い時期にエレクトリック・ギターで録音した事で知られるジョージ・バーンズ。トニー・ベネットらとの共演でも知られるバーンズが、ハンク・ジョーンズやディック・ハイマンらと共にスウィングした1973年のスタジオ好盤!
ブルックス・カー~ポール・クイニシェット・カルテット / プレヴュー
数多いレスター・ヤング・フォロワーの中で飛び抜けた本物感を放つテナー奏者ポール・クイニシェットと、ウィリー・ライオン・スミスの愛弟子でストライドからバップまで幅広いスタイルを持つピアノのブルックス・カーが組んだトラディショナルなセッション!
マンデル・ロウ / カリフォルニア・ギター
脇役としてのギターを完璧にこなす職人気質のギタリスト、マンデル・ロウ。数々の名盤に参加してきたロウがソロイストとして存分にその存在感を発揮した隠れ名盤! ジミー・ロウルズとロジャー・ケラウェイが参加した地味ながら味のある一枚!
ズート・シムズ・カルテット / ズート・アット・イーズ
ズート・シムズがハンク・ジョーンズ、ミルト・ヒントン、ルイ・ベルソン、グラディ・テイトらのゴキゲンなサポートを受け最高にパワフルでスウィンギーなブロウを聴かせる隠れ名盤!
ジミー・ロウルズ・アンド・ジョージ・ムラーツ / ミュージック・イズ・ジ・オンリー・シング・ザッツ・オン・マイ・マインド
1950年代にウェスト・コーストで活躍した名ピアニスト、ジミー・ロウルズはエラ・フィッツジェラルドやズート・シムズのサイドマンとしても活躍したが、本作はシムズ・カルテットの同僚ムラーツと2人で軽快に対話を重ねたデュオ作品!


ドン・ラモンド・アンド・ヒズ・ビッグ・スウィング・バンド / エクストラオーディナリー (世界初CD化!)
ウディ・ハーマン楽団などメジャー・ビッグバンドで活躍した、と言われてもよほどのビッグバンド通でなければ知らないであろうドラマー、ドン・らモンド。しかし本アルバム収録のビッグバンド・ファンク・チューン「アップ・タイト」1曲のために存在する激レア・グルーヴ作品!世界初CD化
マル・ウォルドロン・トリオ / マル・81
「レフト・アローン」で知られる名ピアニストのマル・ウォルドロンが1981年にニューヨークでジョージ・ムラーツ、アル・フォスターというヘヴィなリズムをバックにスタンダードの数々を朴訥なタッチでプレイした傑作! 
アーネット・コブ / ファンキー・バット
テキサス・テナーの大スター、アーネット・コブによる豪快なブロウが詰まったファンキー・ジャズ大作!バックを固めるのはデレク・スミス・トリオで、豪放コブとダイナミックなスミス・トリオによる最強のファンキー・ジャズ作品!
ロニー・ホワイト・トリオ / サムシング・ワンダフル
歌心溢れるプレイが魅力のピアニスト~シンガーのロニー・ホワイトがピアノに専念し名曲の数々を歌うようにプレイしたスタジオ好盤!この時期絶頂期だったベイシー楽団のブッチ・マイルスによるスウィンギーなサポートが光る! 
デレク・スミス・トリオ / ラヴ・フォー・セール
デヴィッド・ストーン・マーティンのジャケットでも有名なイギリス生まれのピアニスト、デレク・スミスの代表作!高度なテクニックと豊かな歌心でリスナーを魅了してやまないスミスのスタンダード作品集!
フランク・ウェス / ザ・フルート・マスタリー・オブ・フランク・ウェス
カウント・ベイシー楽団の花形テナー/フルート奏者として活躍したフランク・ウェスはジャズ・フルートの開祖の一人でもあった。トミー・フラナガン、チャック・ウェインらのサポートに乗り、ゴキゲンなウェスのフルートが鳴り響く!
アル・ヘイグ / オーニソロジー
ビバップ神チャーリー・パーカーを支えたピアニスト、アル・ヘイグがズバリ、ビバップを題材にビバップ・ピアノの真髄を披露した1977年のスタジオ快作!ザラザラとした質感で豪快にピアノを鳴らすヘイグ・トリオ
ザ・ドン・フリードマン・トリオ / ジャズ・ダンシング
ピアノの詩人ドン・フリードマンが1977年にニューヨークで録音した幻のピアノ作品。耽美的なハーモニーとメロディアスな旋律が人気のフリードマンが、ビバップの名曲をグルーヴィに演奏したいつもと違ったアグレッシヴなフリードマン作品!
トミー・フラナガン / マグニフィセント
名盤請負人の異名を持つトミー・フラナガンがジョージ・ムラーツ、アル・フォスターという最強のリズム・セクションを率い小粋にスタンダードの数々を奏でたファン必携盤!冒頭「スピーク・ロウ」のスウィンギーな演奏はピアノ・トリオの鏡!
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。