●KENNY WHEELER & JOHN TAYLOR / ON THE WAY TO TWO / CAM JAZZ / UK / CD / CAMJ7892 / 8052405141729 / 2,100円+税


CD(4) 

商品レビュー


2人は、最晩年に当CAM JAZZ に良作を多く残し、本演奏は、2005年のもの。本来は、昨年2014年84歳の生涯を閉じたホィーラーの追悼として企画された模様ですが、相方をつとめるジョン・テイラーは、この作品のためにライナー・ノーツの言葉まで書きながら、今年2015年に突然亡くなり、結果として、二人の功績をしのぶリリースとなりました。録音からすでに10年。しかしもちろん、10年経って二人の音楽が色あせるわけは全くなく、作品冒頭を飾る音から世界観をたたえたものになっています。元々、録音から即作品をリリースするわけではなく、企画をしっかり立ててリリースするのが、CAM JAZZ というレーベルの方針でもあり、本作は、発表される時を待っていたようにも見えます。ある時は柔らかく、ある時は、刃のような鋭さをもつ、テイラーのピアノ。フリューゲル、トランペットを使い分け、詩的な演奏を見せるホィーラー。こうした純粋な音楽の結晶は、おそらくこの先も色あせることなく響き続けることでしょう。5曲がケニー・ホィーラーの楽曲、1曲がジョン・テイラーの楽曲、そして、3曲が2人の共作。そうした流れにあって、ラストにビリー・ストレイホーンの楽曲を配したのも粋な所。楽曲がもともと持っている端正な落ち着いた美しさを活かしながら、透明感を感じさせるクリスタルなピアノで色づけされた演奏は、この二人ならではと感じます。2人は惜しくも亡くなりましたが、語り継がれ聴き継がれ、記憶に残って行くことでしょう。そんな2人の音楽の美学を振り返る貴重な一作です。


 


■Kenny Wheeler (tp,flh)


John Taylor (p)


2005年録音





ソングリスト

  • 1. Canter #2
  • 2. Fedora
  • 3. Sketch No.1
  • 4. Quiso
  • 5. Who Knows?
  • 6. Sketch No.2
  • 7. Close to Mars
  • 8. Fortune's Child
  • 9. Sketch No.3
  • 10. A Flower is a Lovesome Thing 
  •    
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。