●MACK AVENUE SUPERBAND / LIVE FROM THE DETROIT JAZZ FESTIVAL 2014 / MACK AVENUE / UK / CD / MAC1096 / 0673203109629 / 2,100円+税


CD(4) 

商品レビュー


今やジャズにおける最大のインディペンデント・レーベルとなったMack Avenue Records。そのMack Avenueがスポンサーをつとめるデトロイト・ジャズ・フェスティヴァルのために、毎年特別結成するMack Avenue Superbandが繰り広げた演奏を収録した作品。


2012年から始まった企画で、本作は3作目。始まった当初は、曲ごとにゲスト・アーティストを迎えていましたが、2013年からはロドニー・ウィテカーが音楽ディレクターに就任し、その年々選抜されたアーティストによってバンドは固定となりました。メンバーは見ての通り、世代も様々で、スタイルも多様。ホット・クラブ・デトロイトのメンバーで、新しいマヌーシュ・ミュージックを追究するギタリスト、エヴァン・ペリ、ビヨンセのバックでファンキーなサックスを聴かせるティア・フラー、ヴァイブラフォンの新鋭ウォーレン・ウルフ、かと思えば、ゴスペル/ソウル・サックスの大御所カーク・ウェイラムも参加。超大物スターが大勢参加するというものではありませんが、正に、今のMack Avenueの幅広さと充実が見えます。ウィテカーはフェスの約一か月前から各メンバーに楽曲を募り、その年のレパートリーを決定。それだけに、演奏にも集まったメンバーの個性が溢れ、興味深いものがあります。特にマヌーシュ・スウィングの要素をベースとしながら、変拍子なども織り交ぜ、ギターとヴァイブラフォンが緊密に絡みあう情熱的なソロを繰り広げていくエヴァンの楽曲(M6)演奏は白眉。新しい作風を示唆しています。「レイバー・デー(Labor Day=労働者の日)・ウィークエンド」に開催される祭りの一幕がここにあります!


 


Carl Allen (ds)


Tia Fuller (as,ss)


Evan Perri (g)


Kirk Whalum (ts)


Rodney Whitaker (music director, b)


Warren Wolf (vib)





ソングリスト

  • 1.Introduction
  • 2.Riot
  • 3.The Struggle
  • 4.A Mother’s Cry
  • 5.Santa Maria
  • 6.For Stephane
  • 7.Introduction to Bipolar Blues Blues
  • 8.Bipolar Blues Blues
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。