●ART PEPPER / LIVE AT FAT TUESDAY'S / ELEMENTAL / UK / CD / EM5990427 / 8435395500781 / 2,300円+税
●アート・ペッパー / ライブ・アット・ファット・チューズデイズ / ELEMENTAL MUSIC / CD / KKJ1010 / 4909346010468 / 2,593円+税(国内仕様:日本語帯、解説付) 

CD(4) 

商品レビュー

アート・ペッパー最晩年(亡くなる1年2か月前)

ニューヨークのクラブ“ファット・チューデイズ”で披露した

会心のパフォーマンス、ついに発掘!!!

〜5曲で70分、一瞬も気を抜くことのできない演奏〜


+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+



★長いブランクを経て1970年代半ばに復帰を果たしたアート・ペッパーは、81年に何度目かのニューヨーク公演を行いましたが、その間の4月15日に“ファット・チューズデイズ”で残した演奏が発掘され、ここにElemental MusicからCDとしてリリースされることになりました。

★ペッパーは、復帰してから82年に亡くなるまで活発な活動を続けましたが、その期間を通じて彼が最も信頼を寄せたピアニストは、ブルガリア生まれのミルチョ・レヴィエフでした。レヴィエフは、ペッパーが78年に初めて自己のグループを率いて来日したときに同行し、その後も折に触れてペッパーのツアーやレコーディングに加わってきました。78年に来日したときのベース奏者ボブ・マグナッソンとドラマーのカール・バーネットもやはりその後しばしばレヴィエフと共にペッパーの下で演奏していますが、この81年4月のニューヨーク・ツアーには参加できず、“ファット・チューズデイズ”には、NYCで活動していたジョージ・ムラーツとアル・フォスターがペッパーを支えています。ムラーツは、伝説と化しているペッパーの“ヴィレッジ・ヴァンガード”セッション(1977年)に加わっていますし、フォスターは、1979年にペッパーのアルバム『ソー・イン・ラヴ』でドラムを叩いていますが、この4人によるレコーディングはこれまでありませんでした。

★当時のペッパーは、若くして確立した軽やかで切れの良いスタイルの良さを保持したまま、コルトレーンの影響を受けた復帰後の姿勢を織り込んで独自のアグレッシヴなプレイを繰り広げていましたが、ここでも、スロー・バラードにすら異様な緊張感を漂わせて聴く者に大きな感動を与えてくれます。リズム・セクションの3人もそれぞれがベスト・パフォーマンスでリーダーを支えており、5曲で70分、一瞬も気を抜くことのできない演奏が続きます。

■ART PEPPER(as), MILCHO LEVIEV(p), GEORGE MRAZ(b), AL FOSTER(ds)

ソングリスト

  • 1. RHYTHM-A-NING 12:58
  •  (Thelonious Monk/Thelonious Music Corp., BMI)
  • 2. WHAT IS THIS THING CALLED LOVE? 16:15
  •  (Cole Porter/Warner Brothers Music, ASCAP)
  • 3. GOODBYE 11:39
  •  (Gordon Jenkins/The Jenkins Family Partnership, ASCAP)
  • 4. MAKE A LIST, MAKE A WISH 18:21
  •  (Art Pepper/Arthur Pepper Music, BMI)
  • 5. RED CAR 11:30
  •  (Art Pepper/Arthur Pepper Music, BMI)
  • TOTAL: 70:43
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。