●OSCAR PETTIFORD / WE GET THE MESSAGE(CD) / SONORAMA / GER / CD / 2,200円+税

*DIGIPACK
ジャズ史にその名を刻んだ夭逝の名ベーシスト、オスカー・ペティフォードの1958年ハンブルク録音未発表ライヴ音源が初音盤化!!
コペンハーゲンに移住した直後の1958年秋、北ドイツ放送のプロデューサー、ハンス・ゲルトベルクの招聘に応じて行われた一連のハンブルク公演のひとつ、11月14日のライヴが収録されていた! その発掘音源を初音盤化したのが本作だ。当時アメリカからパリに移住していたドラム名手ケニー・クラーク、そしてヨーロッパ屈指のジャズ奏者ハンス・コラー(サックス)とアッティラ・ゾラー(ギター)を擁する自身のカルテットに、ヴェルナー・イエッツ(ピアノ)、ゲルト・デュデック(サックス)らがゲスト参加。ペティフォードがこのツアーのために書き下ろした「Gertberg Walk」やフリードリヒ・グルダ「Dark Glow」などブルージーなモダン・ジャズ8曲を収めた珠玉のライヴ盤。最新マスタリングで音質も良好、同ライヴで撮影された未発表写真と書き下ろしライナーノーツと共にお楽しみください。オスカー・ペティフォードは1922年オクラホマ州生まれ。14歳からダブルベースを弾き始め、ディジー・ガレスピーやデューク・エリントン、ウッディ・ハーマンの楽団で活動、1950年代は自身のバンドを率いた。ビバップ黎明期に活躍した、チャールズ・ミンガスやジミー・ブラントンと並ぶジャズ史に残る名ベーシストであり、ジャズにチェロを使用したパイオニアでもある。1958年9月にケニー・クラーク、J.J.ジョンスンらと行ったヨーロッパ・ツアーを機にコペンハーゲンに移住、ヨーロッパのミュージシャンたちと交流を深め精力的に活動するも、1960年に病気のため38歳の若さで亡くなった。(新譜案内より)

■Oscar Pettiford (bass & cello) / Kenny Clarke (drums) / Hans Koller (tenor & alto saxophone) / Attila Zoller (guitar)

【GUESTS】
Werner Giertz (piano) / Gerd Dudek (tenor saxophone) / Willi Sanner (baritone saxophone) / Dave Moore (bass)
Produced by Hans Gertberg

1. Cohn's Limit 
2. Yardbird Suite 
3. Dark Glow 
4. Gertberg Walk 
5. Stalag 414 
6. Love Nest
7. Ghost Of A Chance 
8. Willi Der Bar

■LPはコチラ!!
 
●OSCAR PETTIFORD / WE GET THE MESSAGE(CD) / SONORAMA / GER / LP(レコード) / 3,000円+税
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。