●CLAUDIO FILIPPINI / SQUARING THE CIRCLE / CAM JAZZ / ITA / CD / CAMJ7888 / 1006752398 / 2,100円+税


*・゚゚・*:.。..。.:*゚:*:*・゚゚・*:.。..。.:*゚:*:*・゚゚・*:.。..。.:*゚:*:
イタリアCAM JAZZ が、
エンリコ・ピエラヌンツィに次いで、
大きくプッシュするピアニスト、
クラウディオ・フィリッピーニの最新作は、
なんと・・・スタンダード集
しかもアメリオ録音です!  

*・゚゚・*:.。..。.:*゚:*:*・゚゚・*:.。..。.:*゚:*:*・゚゚・*:.。..。.:*゚:*:


★ファブリジオ・ボッソ、マリオ・ビオンディのバンド・メンバーとして来日もして、ヨーロッパのジャズに注目するファンの間では、日本でも既に人気を博すのが、フィリッピーニ。そのフィリピーニですから、本作は、まさかのコンセプト・アルバムです。


★しかし、スタンダードに楽しくヒネリを加えたのが、本作。有名曲を取り上げつつ、リスナーの予測をきれいに裏切った作品になっています。


☆アレンジの仕方はさまざま。コード進行と、メロディの核を少しだけ残し、原曲を解体しつつ、ノスタルジックなポップス・ナンバーのように描き上げてしまう<インプレッションズ> のようなナンバーあり、ミステリアスなイントロを頭に据え、曲途中で原曲の進行が登場、まるで書かれたメロディのような精緻なアドリブにつなげていく< 枯葉> の展開は先輩エンリコ・ピエラヌンツィの<いつか
王子様が> の手法のよう。一方では、<I didn't know what Love is> のように原曲に真正面から取り組んだと思うと、一聴ファッツ・ウォーラーのトラッド的世界に見せかけて部分移調するようなフレーズを織り込んだり、小気味よいテンポ・チェンジを入れ込んだ秀逸な<Jitterbug Waltz> のようなナンバーも。そして驚きは大胆にエレクトロなイフェクトをかぶせた<ラウンド・ミッドナイト>や<ストールン・モーメンツ>。サンプリングを大胆に入れ混んだ演奏はちょっとハンコックを意識?しかし、この多様さとアレンジ力、そして曲順を含めた作品構成力が本作の肝。映画のエンドロールのバックとしても行けそうなラストまで、9 曲がいろいろなドラマをつくりだします。


★フィリッピーニ曰く「演奏するとは、既存のものを更新し、再創造すること。伝統的でありつつ、エクスペリメンタルな感覚を取り入れ次の世界につながるのを創りたかった」とのこと。トリオとして10年の演奏活動歴となった原点のメンバーとの尽きない挑戦がここにあります。(新譜案内より)


■Claudio Filippini(p, key), Luca Bulgarelli(b), Marcello Di Leonardo(ds)


1. Impressions (J. Coltrane)
2. Autumn Leaves (F. Prévert - J. Kosma) 
3. ‘Round Midnight (B. Hanighen - T. Monk - C. Williams) 
4. I Didn’t Know What Time It Was (L. Hart - R. Rodgers) 
5. Moon River (J. Mercer - H. Mancini) 
6. Stolen Moments (O. Nelson) 
7. Jitterbug Waltz (F. Waller) 
8. A Night In Tunisia (D. Gillespie)
9. What A Wonderful World (B. Thiele - G. D. Weiss) 
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。