●ALBERT "TOOTIE" HEATH / KWANZA(THE FIRST) / ELEMENTAL MUSIC / EU / CD / 2,600円+税

★ 1957 年にジョン・コルトレーンの下でレコーディング・デビューを果たしたアルバート・ヒースは、パーシー、ジミーの弟という血筋やドラマーとしての実力に比してリーダー録音が極端に少なく、2012 年以降Sunnyside にトリオでコンスタントに録音するようになる前は、半世紀ものうちに3 作しかリーダー・アルバムを残していません。
★これはその中の1 枚で、1973 年、パーシーやジミーも加えたセクステットでドン・シュリッテンのプロデュースの下Muse に録音した作品。これが初CD 化となります。他にはカーティス・フラーやケニー・バロン、テッド・ダンバーが参加してそれぞれ実力を発揮していますが、セクステットをぐいぐいリードするアルバート・ヒースのドラミングがやはり一番の聴きもの。また、オリジナル盤収録の6 曲中パーシー作の5 を除く5 曲はアル自身のコンポジションで、アフリカン・カルチャーへの深い関心がうかがえる曲が多く、コンポーザーとしてのアルの才能にも要注目です。
★なお、ボーナス・トラックの7 は、ケニー・バロンのソロ・ナンバーで、元々はXanadu のオムニバス盤『Anniversary』に収められていた1 曲です。(新譜案内より)

■ALBERT HEATH(ds, chimes, tympany), JIMMY HEATH(ts, ss,fl), CURTIS FULLER(tb),KENNY BARRON(p, el-p), TED DUNBAR(g), PERCY HEATH(b)

1. TAFADHALI
2. A NOTION
3. DR. JEH
4. DUNIA
5. OOPS!
6. SUB-SET
7. WAZURI BLUES


 
●BARRY HARRIS / PLAYS TADD DAMERON / ELEMENTAL MUSIC / EU / CD / 2,600円+税

★トミー・フラナガン、ローランド・ハナと共に“デトロイト三羽烏”と呼ばれたバリー・ハリスは、3人のうちで最もバド・パウエルのスタイルに忠実で、ビ・バップの持つ空気感を1960 年代以降も維持しつつ現在まで活躍を続けている名手。1960年にキャノンボール・アダレイ・クインテットのメンバーとなったのを機にニューヨークへ進出した彼は、キャノンボールの推薦でRiverside レーベルからリーダー作をリリースするようになり、『At The Jazz Workshop』、『Preminado』などの傑作を残していますが、70年代の代表作がこの『Plays Tadd Dameron』。
★ビ・バップを代表する作編曲者ダメロンの名曲(題名を聞いただけでそれぞれの名演、名録音が頭に浮かんできます!)をトリオで演奏したこのアルバムは、バップに命を懸けるハリスのスリリングなピアノを満喫できる傑作で、ジーン・テイラー、リロイ・ウィリアムズという人選も、一見地味なように見えますが、ハリスをきちんと支える必要にして十分なチョイスだと言えます。(新譜案内より)

■Barry Harris(p), Gene Taylor(b), Leroy Williams(ds)

1. HOT HOUSE
2. SOULTRANE
3. THE CHASE
4. LADYBIRD
5. CASBAH
6. IF YOU COULD SEE ME NOW
7. THE TADD WALK
8. OUR DELIGHT


 
●JIMMY HEATH / PICTURE OF HEATH / ELEMENTAL MUSIC / EU / CD / 2,600円+税

★ヒース兄弟の次男ジミーは作曲に長け、「For Minors Only」、「CTA」、「Gemini」など素晴らしいコンポジションをたくさん残しており、それらはアート・ブレイキー、キャノンボール・アダレイなど数多くのミュージシャンに取り上げられ、ジャズ・スタンダードとして永遠の生命を保っています。
★もちろんジミーの自作自演でそれらの名曲を聴くことも可能で、1960 年代にRiverside へ録音された諸作がおなじみですが、この75年録音作品も、スタンダード・ナンバー「Body And Soul」を除く5曲がジミーの書いた名曲。ワン・ホーン・クァルテットによる演奏なので、曲の魅力と共に、サックス奏者としてのジミーの実力を存分に楽しむことができます。
★ 2 曲で披露するソプラノ・サックスは、60 年代の録音では聴くことのできないもので、ラッキー・トンプソン同様、ソプラノにしかない独特の味わいを醸し出すプレイはさすがです。
★ジミーをバックアップするトリオのメンバーは、バリー・ハリス~サム・ジョーンズ~ビリー・ヒギンズ。これ以上はないという素晴らしい顔ぶれで、こんなトリオをバックに吹くジミーはとても幸せだったに違いありません。

■JIMMY HEATH(ts, ss), BARRY HARRIS(p), SAM JONES(b), BILLY HIGGINS(ds)

1. FOR MINORS ONLY
2. BODY AND SOUL
3. PICTURE OF HEATH
4. BRUH’ SLIM
5. ALL MEMBERS
6. CTA


 
●AL COHN / HEAVY LOVE / ELEMENTAL MUSIC / EU / CD / 2,600円+税

★アル・コーンは、コンビを組んでいたズート・シムズに比べるとやや個性に欠けるスタイル(ズートより硬質のトーンで後期のレスター・ヤングを思わせるフレイズを紡ぐ名手ではありま
した)でズートよりも地味な印象を与えるテナー・サックス・プレーヤーでしたが、70年代に入ったころから円熟味を増し、ズートにも負けぬ歌心を示すようになりました。
★これは、スタン・ゲッツやリー・コニッツとも素晴らしいデュエット・アルバムを残しているピアニスト、ジミー・ロウルズとのデュオ録音。
★アル・コーンは1975 年からXanadu に多くのリーダー・アルバムをレコーディングしていますが、デュオ作はこれだけ。滋味豊かなピアノをバックに飄々と、それでいて存分にスウィングするアルのテナーが魅力いっぱいです。作編曲も得意なアルが、ここでは演奏者に徹し、気持ちよさそうに吹きまくっています。「For All We Know」は初めてCD 化された際に付け加えられたボーナス・トラック。他の曲に優るとも劣らない素敵なデュオ演奏となっています。(新譜案内より)

1. THEM THERE EYES
2. SWEET AND LOVELY
3. I HADN’T ANYONE TILL YOU
4. TAKIN’ A CHANCE ON LOVE
5. THESE FOOLING THINGS
6. BAR TALK
7. FOR ALL WE KNOW


 
●SAM MOST / FROM THE ATTIC OF MY MIND / ELEMENTAL MUSIC / EU / CD / 2,600円+税

★サム・モストは、2013 年に亡くなった名フルート奏者(クラリネットやテナー・サックスも吹きますが、フルート奏者として最も高い評価を得ました)で、兄はクラリネット奏者のエイブ・モスト。サムは、1950 年代にBethelehem レーベルへ多くのリーダー作を残しましたが、60 年代はあまり録音の機会に恵まれず、70 年代後半に入って鮮やかな復活を遂げます。
★これは、再評価の波が高まる中、1978 年に録音されたXanadu への第3 作で、ケニー・バロン、ジョージ・ムラツ、ウォルター・ボールデン(スタン・ゲッツのルースト・セッションに参加しているあのウォルター・ボールデンです)というトリオ+ウォーレン・スミスのパーカッションという4人がサムを支えています。
★この楽器の第一人者であることをはっきりと示すサムのフルート演奏はさすがで、音色もソロのアイデアも特筆すべき素晴らしさ。また、演奏されている曲はすべてサム・モストの自作で、コンポーザーとしての腕前にも見逃せないものがあります。(新譜案内より)

1. WHAT IS, I
2. BREATH OF LOVE
3. BLUE HUE
4. YOU ARE ALWAYS THE ONE
5. CHILD OF THE FOREST
6. ONE FORGOTTEN YESTERDAY
7. KEEP MOVING
8. OUT OF SIGHT, IN MIND
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。