●CHUCK RAINEY チャック・レイニー / COALITION コーリション / MUZAK(ミューザック) / JPN / CD / 2,200円+税

来るべき時代を予言した悲運のスウィート・ジャズ・レーベルSKYEがミッド・プライスで待望の登場!

ジャズ・フュージョン時代の到来を告げた歴史的アルバム。

■「Eloise(first love)」「Got It Together」「The lone Stranger」でのピチカートのグルーヴ感や、裏のビートを効果的に使ったフレージング、「how Long Will It Lost」のピッキング・ハーモニクスなどを聴くと、ジャコが彼から大きな影響を受けているということがよくわかるし、さらに「Genuine John」での、スロー・テンポだがスピード感のあるベースのフレージング、同じパターンをひたすら繰り返しながら、すさまじいグルーブを生み出していく「The Rain Song」など、まさにエレクトリック・ベース奏法のバイブルともいうべきプレイが、このアルバムには目一杯詰め込まれている。ベース・ソロなんて全然ないのにもかかわらず、ここまで存在感のあるベースを聴かせるチャック・レイニーは、やっぱりすごい。~チャック・レイニーだけではなく、エリック・ゲイルも、コーネル・デュプリーも、リチャード・ティーも、みんなイキイキと、ほんとうに楽しそうにプレイしている。『チャック・レイニー連合』とは、いいアルバム・タイトルをつけたものだ。そう、このアルバムは、後に“フュージョン”と呼ばれることになる新しい音楽が生まれようとしている瞬間を記録した、フュージョンという音楽の原点ともいうべき1 枚なのである。・・熊谷美広

メンバー
チャック・レイニー (el-b)
ジョージ・スタッブス (p)
リチャード・ティー (org, p)
コーネル・デュプリー (g)
エリック・ゲイル (g)
ビリー・バトラー (g)
メルビン・ラスティー (tp)
トレバー・ローレンス (ts)
バーナード・パーディ (ds)
ケン・ライス (ds)
ハーブ・ロベル (ds)
ジム・ジョンソン (ds)
ウォーレン・スミス (perc)
スペックス・パウエル (perc)
モンテゴ・ジョー (cng)
セルワード・クラーク (cond)
録音:1969年/NY

1. エロイーズ(ファースト・ラヴ) 
2. ハウ・ロング・ウィル・イット・ラスト 
3. ジュニュイン・ジョン 
4. レイン・ソング 
5. ガット・イット・トゥゲザー 
6. ローン・ストレンジャー 
7. ハーレム・ノクターン 
8. イッツ・ゴナ・レイン 
9. ピーター・ガンのテーマ 
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。