●BENNY GREEN   / LIVE IN SANTA CRUZ!   / SUNNYSIDE / US / CD / 2,100円+税

★正にジャズの王道!といえるピアノ・トリオの演奏。本作は往年のジャズ・ファンの心をつかんでやまない一作となりました。
★1963 年生まれ、20 歳の時にベティ・カーターのグループに加入し、87~89年にアート・ブレイキーのジャズ・メッセンジャーズで活動。この2 つのレジェンド・バンドで活躍したことは、揺るぎのない実力の証ですが、キャリアを積んだ今、当代の主流派トップを走るピアニストとして充実の演奏を聴かせてくれます。
★しかも、本作はベニー・グリーンにとって、記念すべき意味を持つライブ作でもあります。
☆理由は、ベニーにとって最高の場所、カリフォルニアのサンタクルーズにあるKuumbwa Jazz Centerでの記念すべき日のライブであること。このクラブはベティ・カーター、ブレイキーのメンバーとして出演した場所。ベニー・グリーン自身その頃から、スタッフやオーディエンスを含めて自分自身の気分を最高に高めてくれる魔法の空間のように思っていたとのことですが、その後93年にレイ・ブラウンの作品を録音したのもこのクラブ。時は30歳の誕生日。観客の中には両親の姿もあったとのことです。
☆それからちょうど20 年。50 歳を迎えるにあたり、ベニーは、クラブのゴッド・ファザー、ティム・ジャクソンに、ライブ録音が出来ないかと相談した所、ティムは快諾。50 歳の誕生日となったその日にとった録音こそ、この作品なのです。
★メンバーは、20 年年下ながら、ジャズへの真摯な思い、ハングリーな姿勢を含め全幅の信頼をおくデヴィッド・ウォンと、20 世紀の屈指のドラマーと尊敬するケニー・ワシントン。ほぼレギュラー的に演奏する鉄壁のリズム・セクションとの演奏は、スウィンギーでブルージー、そして緩急も自在にコンビネーション抜群!ダイナミックなトリオ・サウンドが決まるオープニングから、全9 曲、絶好調な演奏が続きます。8 曲目を聴けば、メンバーがいかに超絶のテクニックを持っているか感服すること間違いなしであり、テクニックを抑えて繊細な表現力を見せる5曲目や7曲目のバラードを聴けば、ソフィスティケートされたジャズ・ピアノの良さを味わえること必至。メッセンジャーズの名ピアニスト、ボビー・ティモンズを彷彿とさせるブルース演奏で締めくくるラストも最高です!(新譜案内より)
■Benny Green(p)
David Wong(b)
Kenny Washington(ds)
1. Certainly (5:10) 
2. Phoebe’s Samba (4:29) 
3. Cactus Flower (3:41) 
4. Sonny Clark (3:47) 
5. Golden Flamingo (5:27) 
6. Tales Of Malone (4:28) 
7. Forgiveness (5:01) 
8. Bish Bash (4:38) 
9. Anna’s Blues (5:32) 



※国内盤も同時発売!

*国内盤/日本語解説一体型帯付
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。