●WAYNE ESCOFFERY ウェイン・エスコフェリー / LIVE AT SMALLS ライブ・アット・スモールズ / OFF MINOR(disk union) / JPN / CD / 2,400円+税

*CD / 直輸入盤帯ライナー付国内盤仕様
≪スモールズ・ライヴ / SMALLS LIVE≫現代屈指のモダン・ジャズ・プレイヤーとしての座を不動のものとしたテナー・サックス奏者ウェイン・エスコフェリーによるワンホーン・カルテット・ライヴ!

本アルバムは来日に6週間ほど先立つ2014年4月25日と26日、グリニッチ・ヴィレッジのジャズ・クラブ「スモールズ」で収録された。共演者は前述のキコスキー(ピアノ)のほか、ウゴナ・オケグォ(ベース)、ラルフ・ピーターソン(ドラムス)。ラルフの参加を懐かしく思うリスナーもいるはずだ。彼は80年代半ば、ブルーノート・レコードが若手をオーディションで集めて結成したユニット“アウト・オブ・ザ・ブルー”にケニー・ギャレットらと共に選ばれ、さらに『V』、『トライアンギュラー』など力作リーダー・アルバムを次々と出して日本でも大いに知られることになった。ここ十数年は後進の育成により多くの時間を割いているようだが(E.J.ストリックランドやアリ・ホーニグも指導した)、豪放さと歌心を兼ね備えたプレイは健在そのもの。こんなドラムに煽られたら、どんなミュージシャンだって白熱せざるを得ないだろう。(ライナーより抜粋/原田和典) 

 【PERSONNEL】
Wayne Escoffery - Tenor Saxophone
David Kikoski - Piano
Ugonna Okegwo - Bass
Ralph Peterson Jr. - Drums

 Recorded on April 25 & 26th、 2014- live at SMALLS JAZZ CLUB、 GREENWICH VILLAGE、 NYC. - 

 Executive Producer: SPIKE WILNER
Produced by: SPIKE WILNER & WAYNE ESCOFFERY
Mixed/Mastered by STEVE BRICKMAN
Engineered by: ALBERT GOOLD

1. Concentric Drift (Escoffery) 
2. So Tender ( (Jarrett) 
3. A Cottage For Sale (Robison) 
4. Sweet and Lovely (Arnheim) 
5. Snibor (Strayhorn) 
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。