●PAT MARTINO / NEXUS / HIGH NOTE / US / CD / 2,000円+税

*digipak仕様
【完全未発表!!】
ジャズ・ギター神パット・マルティーノ94 年, 実質上の完全復帰に大きく貢献したピアニストジム・リドルとの貴重な感動デュオ音源!
パット・マルティーノが1994 年に実質上、完全復帰した際、大きく貢献したピアノ奏者ジム・リドルとの貴重なデュオ音源! その飽くなき探究心とストイックな姿勢からギター神とまで謳われるパット・マルティーノ。人気絶頂のまっ只中の1980 年に脳動脈瘤の手術で記憶を失い、両親の手厚い看護のもと、長く過酷なリハビリを経て、87 年にN.Y.でのライヴ盤『The Return』で復帰……したかに見えたが、今度は両親の健康状態が悪化してマルティーノは看病のために再び引退生活を余儀なくされる。しかし89 年に母が、翌90 年に父が相次いで他界。喪失感に苛まれてフィラデルフィアの自宅にこもっていた92年のある日、ふと街の小さなクラブに入ったとき、たまたまピアノを弾いていたのが、当時はフィラデルフィア界隈でしか知られていなかった無名のジム・リドルであった。
彼の演奏に心打たれたマルティーノは、思わず声を掛ける。2人の友情が始まった瞬間だ。リドルはその後1994 年にマルティーノが本格的な復帰を果たす際に大きな役割を果たし、同年に録音された3アルバムに参加している(James Ridl=ジェームス・リドルとクレジットされているが同一人物)。
本作は1990 年代半ばにフィラデルフィアのTin Angel というクラブへ出演したときの音源。演奏曲は94 年の本格復帰第1弾『I nterchange』にも収録されていたM1やM6、2003 年の『Thi nk Tank』に収録されていたハロルド・メイバーン作曲のM4 など、いずれも粒ぞろい。中でも興味深いのが、2000 年のオルガン・トリオ作『Li ve At Yoshi' s』にも収録されていて、その後のマルティーノのライヴでも時々披露されてきているM7。ご存知ソニー・ロリンズ作で元々はリズム・チェンジ曲なのだが、『Live At Yoshi's』などではコード一発のモード・チューンと、原曲とはまったく異なるフォーマットとなっている。実はこれがジム・リドルのアレンジによるものであったというのには驚く。つまり、本作ではその原型とも言える演奏が聴けるのだからして貴重極まりない。また、マルティーノのキャッチーなメロディが最高にメロウなM5 は教則のDVD やワークショップで有名ながら、作品としてのリリースはこれが初出!コルトレーンの名バラードで渾身の演奏を見せるラストまで、必聴の8トラックです。(新譜案内より)

■Pat Martino(g), Jim Ridl(p)

1. Recollection
2. Tenetree
3. Sun on My Hands
4. The Phineas Trane
5. Country Road
6. Interchange
7. Oleo
8. Naima
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。