●FRANK KIMBROUGH / QUARTET / PALMETTO / US / CD / 2,160円(税込)

*digipak仕様
キンブロウ - ルイス・ナッシュが初共演から30 年以上の時を経て初の本格共演作品をリリース!
Palmetto の看板アーティストであり、ハービー・ニコルス・プロジェクトや、マリア・シュナイダー・ビッグ・バンドでの演奏で知られるフランク・キンブロウの最新作。注目は、キンブロウとルイス・ナッシュの共演!アリゾナ州立大学で70 年代に出会って30 年以上に渡る共演歴がありながら、作品として交わることがなかった二人がここで遂に本格的共演作をリリース。きっかけは2012 年、マリア・シュナイダーのバックアップを受け、ギル・エヴァンス生誕100 周年に向けて未発表曲を蘇らせたライアン・ツルースデルの「The Gil Evans Centennial Project」。ここで34 年振りのリユニオンを果たした2人は、同じくそのプロジェクトに参加していたジェイ・アンダーソン、スティーヴ・ウィルソンも引き入れ、この作品を制作しました。フランク・キンブロウ-ジェイ・アンダーソン-スティーヴ・ウイルソンはマリア・シュナイダー・オーケストラで長年演奏。スティーヴ・ウィルソン-ルイス・ナッシュはデュオで長年共演、ジェイ・アンダーソンはフランク・キンブロウのトリオのメンバーとして共演。様々な局面で交錯しながら、しかし、4人一緒は初なのだとか。ある種の怪しい魅力をみせるキンブロウの世界と、ルイス・ナッシュの匠の世界が交錯する、異色であり、必然なカルテット演奏!(新譜案内より)

■Frank Kimbrough (p), Jay Anderson (b), Lewis Nash (ds), Steve Wilson (as,ss)

1. The Call
2. Blue Smoke
3. November
4. Kudzu
5. Trouble Man
6. Herbivore
7. Ode
8. Beginning
9. Afternoon In Paris
10. It Never Entered My Mind
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。