●TIGRAN HAMASYAN / MOCKROOT / NONESUCH / EU / CD / 1,700円+税

●ティグラン・ハマシアン / モックルート / ワーナー・ミュージック・ジャパン / JPN / CD / 2,400円+税

今最も注目を集めるアルメニア出身の天才ピアニスト、ティグラン・ハマシアン。ここ日本でも昨年9月に来日公演を果たし、大きな話題をさらったのが記憶に新しい。その彼がユニヴァーサル(ヴァーヴ)よりノンサッチへ移籍!!!早くも移籍第一弾アルバムとなる『MOCKROOT』の発売が発表された。
アルメニアで生まれ育ったティグランは、ジャズとクラシック・ミュージシャン両方の教育を受けたが、彼はそれ以外にもアルメニアのフォーク・ミュージックやロック、エレクトロや詩など、実に多種多様な音楽的影響を受けている。そして、そこから生まれたジャズの範疇を超えた独特のサウンドと音世界は、アメリカやヨーロッパ、そしてここ日本など、世界各国のファンを熱狂させている。
英ガーディアン紙も「ティグランは、インプロヴィゼーションを常に新鮮でリリカルなものにする方法を見つけた。他のジャズ・ミュージシャンも見習うべきだ」と絶賛し、デイリー・テレグラフ紙が「輝かしいほど素晴らしく、完成された若きミュージシャンは数多くいるが、ハマシアンがその中で抜きんでているのは、重要なことを今すぐ言わなければならないことがあるからだ」と褒めたたえている。
彼にとって通算5作目となる本作『MOCKROOT』。レコーディング・メンバーは、昨年9月の来日時と同じトリオ(Tigran Hamasyan - piano, voice, keyboards, synths, sound effects / Sam Minaie - electric bass / Arthur Hnatek- Drums/Live Electronics)。アルバムにはティグラン作の楽曲の他、アルメニアのトラディショナル・ソングをティグランがアレンジした「Kars 1」「Kars 2」が収録されている。
アルメニア音楽のメロディや変拍子のリズムを多用した彼のサウンドは、ジャズの範疇から大きくはみ出していると感じるジャズ愛好家もいるかも知れない。しかしエレクトロニックなループや、ダンスっぽいグルーヴ、そしてプログレッシヴな姿勢とエネルギッシュな演奏スタイルは、ロック・ファンにも広くアピールするものである。
1987年生まれの27歳。11歳の時からフェスやコンクールに出演するようになり、10代で「Thelonious Monk International Jazz Piano Competition」で優勝を果たした、この若き天才の今後から目を離せない。

1. To Love
2. Song for Melan and Rafik
3. Kars 1
4. Double-Faced
5. The Roads That Bring Me Closer to You
6. Lilac
7. Entertain Me [http://youtu.be/k-GUNcSWSko]
8. The Apple Orchard in Saghmosavanq [http://youtu.be/v-QXm5Ku_l0]
9. Kars 2 (Wounds of the Centuries)
10. To Negate
11. The Grid
12. Out of The Grid
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。