●JEAN-MICHEL PILC / What Is This Thing Called? / SUNNYSIDE / US / CD  / 2,100円+税



Challenge, Dreyfuls, Motemaと、各時代の際立つ才能をプロデュースするレーベルを渡り歩いてきたことも実力の証明ですが、Sunnysideからの第一弾となる本作も、ピアニストとしての才能を遺憾なく発揮した作品になりました。

本作は、『Follow Me』(Dreyfus=2004年)、『Essential』(Motema=2011年)に続くピアノ・ソロ作。熱心なファンの方からは、“ピルクはソロこそが素晴らしい”ということがよく語られますが、本作を聴いて驚くのは、ピアニストとしてのテクニックはもちろんのこと、豊かなアイディアやイマジネーション、そして曲を描き上げるセンスでしょう。タイトルも暗示するように、コール・ポーターの有名曲「What is this called Love」を核にした作品。31トラックの中には様々なリズムやハーモニーのヴァリエーションでアレンジしたそのモチーフが登場する他、コード進行を下敷きにした即興旋律や、中には口笛とピアノで奏でることでと名付けられたユニークなトラックあり。しかし、そうした着想のみならず、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、ブラームスらのクラシック曲のテーマを流用したり、ユーモレスクのテーマを一瞬織り込んだり、ジャズ・スタンダードの一端を挿入したり、と、演奏は完全即興であって自由自在。特に、とモーツアルトの「トルコ行進曲」、「<枯葉」が連なるM16のような演奏は、聴きもの!このトラックは、フランスが生んだ偉大なる大先輩マーシャル・ソラルに捧げたトラック。また、M17 は言うまでもなく、デューク・エリントンに捧げた演奏で、優雅な和声と、A列車のメロディを織り込んだユニークな演奏が魅力です。

同じくNYにおいて、YAMAHAアーティストとして活躍する後輩であり、ピルクを尊敬するピアニスト、ダン・テプファーの導きもあり、レコーディングには最上のピアノCFXも用意され、申し分ない環境にも恵まれて録音されたアルバム! 改めて才能を確認する充実の逸品。

Jean-Michel Pilc (p-solo)
1. C Scale Warm up (3:41)
2. What this thing called Love (1:20)

3. Cole (4:01)
4. Dawn (4:24)
5. Walk (1:20)
6. Run (0:44)
7. Glide (0:51)
8. Look (1:36)
9. Cross (2:03)
10. Giant (1:16)
11. Time (1:42)
12. Prelude (5:22)
13. Duet (1:05)
14. Vox (1:40)
15. Waves (2:06)
16. Martial (1:39)
17. Duke (3:05)
18. Factor (1:23)
19. More (0:51)
20. Quick (0:34)
21. Odd (3:33)
22. Grace (3:38)
23. Float (1:38)
24. High (3:48)
25. Ode (3:02)
26. Chimes (0:30)
27. Dance (0:39)
28. Elegy (0:58)
29. Bells (2:05)
30. Swing (0:58)
31. Now You Know what Love is (6:35)
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。