●アヴィシャイ・コーエン / フロム・ダークネス / ワーナー・ミュージック・ジャパン / JPN / CD / 2,592円(税込)


原点に還ったことによって新たに見出すことが出来たアヴィシャイ・コーエン・トリオ、三位一体の最新進化型がここにある!

現在のジャズ・シーンを牽引するイスラエル出身の天才ベーシストのトリオによる渾身のニュー・アルバム。 
昨年の来日公演でその圧倒的なミュージシャンシップで大きな話題を集めた、イスラエル出身のアヴィシャイ・コーエン。昨年の『ALMAH』に続き、彼が率いるアヴィシャイ・コーエン・トリオの新作が早くも到着した。
『FROM DARKNESS』でアヴィシャイは、自身の音楽的表現形式と活動の原点に還ったという。ただアヴィシャイの場合、原点に戻ることは常に新たな一頁の始まりへと繋がるのである。今作でも彼は、創造と表現の新たな扉を開いたのであった。その制作過程について、アヴィシャイはこう語る:「新しく、また新鮮で、信じられないほどしっかりとした形をトリオで成し遂げられる感触があった」そしてトリオ間でのケミストリーについて「こうして、3人が1つになった」と表現するのであった。
絶対的なもの、純粋なものを追い求めるアヴィシャイの最新作『FROM DARKNESS』には、豊かで密なサウンド、そして新たなアイディアが次々と溢れ出てくる作品である。ラテン風な要素を感じさせる「Abie」や、メロディックな祈りである「Halelyah」、そしてスムースな「Almah」、ハーモニーやリズミックの複雑な「From Darkness」、さらにはチャーリー・チャップリンのスタンダード・ナンバー「Smile」まで、もうろうとした暗さから光り輝く明るさまで、その道筋を辿るような、強くて一貫性のある美しさがここにはある。
アヴィシャイ・コーエン・トリオは本作『FROM DARKNESS』において、怒りや負の感情の爆発でさえも、一つの高揚するような音楽的体験に変えてしまっている。それについてアヴィシャイはこう語っている:「このアルバムが聴く者を高揚させると言えることができて満足している。演奏している時にどんなことを感じたいと問われれば、高揚だと答えるだろう。私にとって、これこそが、音楽の根本的要素だであり、一生懸命成し遂げようとする目標だ・・・誰にとって人生はタフなものだと私は思っている:エキサイティングだが、手強いし、時には憂鬱でもあり、また時には耐え難いものでもある・・・そんな人生の道すがらで音楽は一つの救済になる得るんだ。少なくとも、私にとっては常にそうだったがね」

■アヴィシャイ・コーエン(Bass) 
ニタイ・ハーシュコヴィッツ(Piano) 
ダニエル・ドール(Drums)



1. Beyond
2. Abie
3. Halelyah
4. C# -
5. Ballad for an Unborn
6. From Darkness
7. Lost Tribe
8. Almah
9. Signature
10. Amethyst
11. Smile
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。