●TONY SCOTT  / Lost Tapes Germany 1957  Asia1962 / JAZZHAUS / GER / CD / 1,500円+税



同じチャーリー・パーカーの影響を強く受けたテクニカルなクラリネット奏者でも、バディ・デフランコのプレイがクールな印象を与えたのに対して、トニー・スコットはあくまでも広い音域を駆使して熱く吹きまくるタイプでした。スコットは、50年代半ばにRCAから優れたアルバムを数多く発表していますが、これは、ビリー・ホリデイの伴奏者として活動した直後に渡欧した1957 年、ドイツのシュトゥットガルトで行ったコンサートの2 曲と、同地の南ドイツ放送局スタジオで録音した5 曲を中心に収めた発掘盤。

その間、ストックホルムやリュブリアナで録音されたアルバムは出ていましたが、ドイツでの演奏が世に出るのは初めて。リュブリアナでも共演していたホルスト・ヤンコフスキーのトリオとの7 曲(そのうち1 曲には、4 人の管楽器奏者が加わります)は、「チュニジアの夜」を聴いただけでもわかるように、スコットの本領が存分に発揮された熱演ばかりで、この時期の彼がいかに充実した状態にあったかを示すものとなっています。

残る4曲は、1959年から65年まで日本に滞在していたスコットが、1962年に香港とシンガポールで残した演奏で、グルーヴィなブルース、ファスト・テンポのブルース、そしてスタンダードが2 曲という構成。2 曲にはスコット以外にも管楽器奏者が加わりますが、とにかくスコットのクラリネットが存在感抜群で、東京滞在期の録音がほとんどなかっただけに大変嬉しい発掘と言えましょう。(新譜案内より)

■Tony Scott (cl)
Horst Jankowski (p, M1-7) 
Peter Witte (b, M1-7)
Hermann Mutschler (ds, M1-7)
Conny Jackel (tp, M7)
Gerald Weinkopf (ts, M7)
Helmut Brandt (bs, M7)
Werner Baumgart (bs, M7)
Mario Costalonga (tp, M9)
Colin Stuart (tp, M9)
Frankie Van Seca (g, M9)
Giancarlo Barigozzi (ts, M9.10)
For the Singapore recording: (probably) 
Silvano Salviati (p, M8-10)
Sandro Paganucci (b, M8-10)
Alfredo Bendini (ds, M8-10)

1. Moonlight In Vermont (Stuttgart)
2. The Man I Love 3. Lover, Come Back To Me
4. You Go To My Head
5. Blues
6. A Night In Tunisia
7. There Will Never Be Another You
8. Blues For Charlie Parker
9. Hongkong Jazzclub Blues
10. All The Things You Are
11. Moonlight In Vermont (Singapore)
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。